飛び込み営業の極意教えます

【営業初心者必見】飛び込み営業の基本から応用まで

評価
5.0 (1)
販売実績
1
残り
20枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    PDF・各種定型ファイル ビデオチャット打ち合わせ可能
  2. お届け日数
    3日(予定)
    初回返答時間
    1時間以内(実績)
    業種
    職種
飛び込み営業の極意教えます 【営業初心者必見】飛び込み営業の基本から応用まで イメージ1
飛び込み営業の極意教えます 【営業初心者必見】飛び込み営業の基本から応用まで イメージ1

サービス内容

■始めに 飛び込み営業とは、 企業や個人宅へアポイントメントを取らず訪問し、面識のない人たちに対して営業活動を行うことを言います。 当然、訪問先の状況が分からないわけですから、企業など法人向けの営業方法としてはあまり効率的ではないと言われています。 一方で個人宅へは、本人のスキル次第では数字に直結しやすく 飛び込み営業は個人向けに行われることが比較的多い手法です。 飛び込み営業は、新人・ベテラン・キャリアやスキル問わずチャレンジでき、 誰でも営業を学ぶ事が出来る機会のひとつです。 営業職に就くと、飛び込み営業を経験するケースが多いと思います。 飛び込み営業と聞くとどんなイメージでしょうか? きつい。 時代背景に合わない営業。 疲れる。 など、経験した人なら誰しも共感できる部分はあります。 あなたが営業職を選んだ以上は、 自分の可能性を信じ、 頑張り次第で自分の収入が上がる事を期待して今の職場を選んだのではないでしょうか? 事実、営業とは成果を出せばその分収入は増える。そのような職種です。 飛び込み営業は新規開拓の定番であり、0から1を生み出すことが出来ます。 つまり、いついかなる時も物を売れるスキルが身に付きます。 なお、飛び込み営業は確率の話だと認識している人が多いのも事実としてあります。 しかし、それは半分正しくて、半分は間違っている。 それはどういう事か? ■例 営業マンAさん(ベテラン)と営業マンBさん(新人)がいたとする。 訪問件数を同じ100件だとして、 まともに話を聞いてくれたのは20名いたとしよう。 この20名に対して、アプローチを行っていくわけだが、 AさんとBさんではスキルが違うわけだから20名に対するアプローチとその後の成果は当然、異なる。 つまり、【飛び込み営業の極意】ではこのベテランのスキルをいち早く身につけることによって、より高い成約率を獲得し、より早く成果に繋げることを目的として作成しています。 私は過去、 毎日飛び込み件数500件をこなし悩み迷ったからこそ辿り着いたノウハウです。 【飛び込み営業の極意】では、私が新人の頃に知りたかったことを体系的にまとめ、 飛び込み営業に関わる考え方から具体的な注意点、実戦で大切な事を私の経験と努力から導き出したロジックをご紹介します。 ※今なら30分zoom無料コンサル付き

購入にあたってのお願い

・個別コンサルは人数の定員が御座いますので、 ご検討されているからはお早めにご利用ください。 ・再販禁止→発覚次第法的処置をとらせていただきます。

有料オプション