サービスを探す
出品者を探す
悩み相談 カウンセリング・コーチング 恋愛・結婚相談 キャリア・就職相談 暮らし・住まいの相談 不動産・税金・保険・ローンの相談 子育て・教育・受験の相談 健康・医療の相談 旅行・おでかけの相談 趣味・娯楽

最適な役員報酬額をシュミレーションします

あなたの手元に最大限お金が残る役員報酬額はいくらでしょうか?

販売実績:0 残り:10枠(お願い中:0人)
  1. 提供形式
    PDF・各種定型ファイル
  2. お届け日数 5日(予定)
    業種
    • 人材・業務支援
    • IT・テクノロジー
    • 金融・決済
    • 教育
    • その他
    職種
    • 経営者・経営企画・経営戦略
    • 経理・財務・IR
    • コンサルタント・リサーチ

サービス内容

あなたの事業の数字をしっかり把握することで最も税額を抑え、手元にお金が残る役員報酬額というのは必ず存在します。

ツールを使用し、視覚的にわかりやすく、合理的にシュミレーションさせて頂きます。

この商品はこんな人にオススメです。

☑️売上は出ているのに手元にお金が残らない
☑️起業したばかりの人
☑️今の税理士がとにかく増額•減額を勧めてくる
☑️今の役員報酬のままで良いかわからない
☑️役員を追加したいが、報酬をいくらにすればいいかわからない

すべて読む

購入にあたってのお願い

ヒアリングの状況によっては電話相談に変更させていただく場合もございます。

ご了承くださいませ。

すべて読む

よくある質問

事業年度が始まって4ヶ月を過ぎてしまって、役員報酬を変更できないのですがどうすれば良いでしょうか?
ヒアリングの結果、あまりにも最適報酬額と現在の額に乖離があるようでしたら決算月を変更してでも、役員報酬額を変更した方が良いなどのアドバイスもさせて頂きます。

それだけ役員報酬額は重要な意味を持つので。
今の税理士には今の金額が最適だと言われたのですが、それでもシュミレーションした方が良いのでしょうか?
はい、した方が良いです。
国内でもしっかり事業予測をして、役員報酬額を助言する税理士は数えるほどしかいません。

経営相談を謳っている税理士も数多くいますが、そのほとんどが集客上書いているだけです。

こちらの役員報酬シュミレーションは1年に1度、必ずした方が良いです。
もっと見る

関連サービス