宛名「宇宙銀行 様」記入済の領収書が手に入ります

宇宙銀行からの預金下ろしは手書きも印刷も関係ない!

評価
-
販売実績
0
残り
3枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    PDF・各種定型ファイル
  2. お届け日数
    3日(予定)
宛名「宇宙銀行 様」記入済の領収書が手に入ります 宇宙銀行からの預金下ろしは手書きも印刷も関係ない! イメージ1
宛名「宇宙銀行 様」記入済の領収書が手に入ります 宇宙銀行からの預金下ろしは手書きも印刷も関係ない! イメージ1
宛名「宇宙銀行 様」記入済の領収書が手に入ります 宇宙銀行からの預金下ろしは手書きも印刷も関係ない! イメージ2

サービス内容

宇宙銀行の話を聞いたことはありますか? もしかしたら初耳かもしれないので、 簡単に流れを書くと、 1)領収書を用意 2)宛名に「宇宙銀行 様」と書く 3)お金が必要な日付を書く 4)但し書きを書く   例:○○として 5)住所、氏名を書く 大体、普通の領収書の書き方ですが、 ・宛名は宇宙銀行 ・日付は過去ではなく未来の日付 といった部分が違います。 「そんなもんでお金なんか手に入らないから  やってもムダ」 と思う人は多いとは思いますが、 自分を含め、 「何故か本当に必要なお金が手元に入ってきた」 という報告事例も存在していることは確かです。 色々な体験談を見ていて、 「今すぐにそのお金を手に入れないと  給料日までの1週間、  モヤシに醤油をかけるだけの食事になってしまう」 といった、 あまりに逼迫したような状態だと叶いにくいようですが、 「まぁ、叶ったらラッキーだよね」 と気楽に構えてて、 宇宙銀行あての領収書を書いてたことすら 忘れてしまっていた、 という人の方が叶いやすいようです。 ぶっちゃけた話、手書きの場合、 宛名、但書き、住所、氏名を書くのは 面倒くさいですよね。 自分は本当の領収書っぽくするために 印鑑まで押しているので、 さらに手間が倍増します。 結果が出ている人にとっては 本当の領収書ではありますが、 今はその話は置いておきます。 じゃ、パソコンで作って、 いつでも印刷できるようにしてやる!と思って、 作り方のレシピが出来たので、紹介します。 こちらの動作環境はWindows7 Excel2010 用紙サイズはA4です。 1)何かの領収書テンプレートPDFファイル(A4サイズ)   をダウンロード 2)「PDF jpg 画像変換」で検索し、   ヒットしたサイトで領収書のPDFを   jpgファイルに換える 3)画像編集ソフトで   PDFファイルのサイズを50%にする 4)Excelで   「ページレイアウト」→「背景」   50%サイズのjpgファイルを選ぶ 5)必要な部分を入力、   場合に応じてセルの結合が必要 6)必要な部分を範囲選択、コピーして、   何行か下げて貼り付ける 7)印刷プレビューで確認次第、   PDFに印刷、そのまま印刷して完成 といった流れです。

購入にあたってのお願い

作り方のレシピを紹介したわけですが、 実際のところ、この流れに沿って作るのも 面倒ではないですか? 慣れない作業がたくさんあると、 それだけで何日もかかってしまい、 「普通に手書きで書いた方が早いんじゃないのか?」 と思ってしまうことでしょう。 なので、このサービスでは宛名に 「宇宙銀行 様」 と記入済みのテンプレートを用意しました。 1枚のテンプレートから、 3枚の宇宙銀行あての領収書が取れます。 後は、 必要な部分に日付、但書き、住所、氏名を書くだけです。 自分も全部手書きで書いている頃は、 宇宙銀行の「宙」の「再」の上半分のように書いてしまう というミスをして、 新しい領収書に書き直したことが何回もありました。 個人的には領収書には修正液は使いたくないので、 最初から新しく書き直す方を取りました。 有料オプションでは、 住所、氏名も記載済みして、 『日付と但し書きの2項目だけ書けば良い』 という状態にしてあるので、 失敗して書き直すというリスクをさらに減らせて、 普通に手書きをするよりも、 もっと早く、たくさん領収書を発行できるようになります!

有料オプション