サービスを探す
出品者を探す
悩み相談 カウンセリング・コーチング 恋愛・結婚相談 キャリア・就職相談 暮らし・住まいの相談 不動産・税金・保険・ローンの相談 子育て・教育・受験の相談 健康・医療の相談 旅行・おでかけの相談 趣味・娯楽
仕事・相談を探す

2020年令和時代・新投資の常識をお伝えします

月々5000円から始める、将来へ向けたお手軽投資方法!

販売実績:0 残り:10枠(お願い中:0人)
  1. 提供形式
    PDF・各種定型ファイル
  2. お届け日数 3日(予定)

サービス内容

みなさん初めまして。terutoと申します。

この度は、わたしの商品に興味をもっていただき、誠にありがとうございます。

今回は『月々5000円から始める、将来へ向けたお手軽投資方法』をお伝えしようと思います。

まず、下記の文章をご覧ください。

以下金融庁のHPより

人口の高齢化という波とともに、
少子化という波は中長期的に避けて通れない。

公的年金制度が多くの人にとって
老後の収入の柱であり続けることは間違いないが、
少子高齢化により働く世代が中長期的に
縮小していく以上、年金の給付水準が今までと
同等のものであると期待することは難しい。

今後は、公的年金だけでは
満足な生活水準に届かない可能性がある。
年金受給額を含めて自分自身の状況を
「見える化」して老後の収入が足りないと
思われるのであれば、各々の状況に応じて
就労継続の模索、 自らの支出の再点検・削減、
そして保有する資産を活用した資産形成・運用といった
「自助」の充実を行っていく必要がある。
<金融庁ホームページより抜粋>

昨年、話題になりましたよね?「老後2000万円問題」

ここで大事なのは、政府や金融庁が間違っているか、間違っていないか、 責任はどこにあるのか?そんなことを追求しても、みなさん自身の将来には何の役にも立たないということ。
もし、将来の目標が政治家になることだいうのなら話は別ですが…。

けれど、多くの人達にとっては、問題や責任を追及しても何の役にも立ちません。twitter でいくら叫ぼうが、ブログで長文の「年金崩壊について」の記事を書こうが、政府の決定を変えることは出来ません。だったら、起きていることを、あるがままに受け入れて、対策を考えた方が利口ではないでしょうか?

まずは受け入れ、それに対して自分は何ができるかを考える。そのように視点を変えるところから人生は拓けていくのではないでしょうか?

この教材は年金を取り戻すためのノウハウではなく「年金は減額されるのではないか」という事を受け入れ、それに対してどう対応するかをまとめたものになります。

具体的な内容としては下記のものになります。

内容
・投資と投機について
・ライフプランの設定
・投資家へ切り替えるには
・具体的なステップ
・投資家の習慣

概ね上記の内容でPDFファイル110ページ程になっています

すべて読む

購入にあたってのお願い

・PDFファイルでのご提供となりますので、ファイル読み込みが可能なPCやスマホをご用意下さい。

すべて読む

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス