サービスを探す
出品者を探す
悩み相談 カウンセリング・コーチング 恋愛・結婚相談 キャリア・就職相談 暮らし・住まいの相談 不動産・税金・保険・ローンの相談 子育て・教育・受験の相談 健康・医療の相談 旅行・おでかけの相談 趣味・娯楽

司法試験予備試験の短答攻略を応援します

短答追い込み直前!短答の勉強法、見直しませんか?

5.01 販売実績:1 残り:5枠(お願い中:0人)
  1. 提供形式
    制作物 (+テキスト打ち合わせ)
  2. お届け日数 要相談 
    ジャンル
    • 資格
    • キャリア
    • その他
    用途
    • 試験
    • 勉強方法

サービス内容

予備試験司法試験の短答式試験で苦戦している方、多いのではないでしょうか?
「短答は知識量が大事!」と思ってやみくもに努力しようとしてませんか?
勉強の方向性を見直さないと本番で後悔するかもしれません。

予備校本の解説だけでは、正直なところ、不十分です。「知識」だけでなく、その底にある理解・感覚まで身に付けられないと初見の問題には対応出来ないからです。その不足を自分であるいは他人の力を借りて補う必要があるのです。当サービスでは、短答式の問題を以下のような記述形式で解答して頂きます。

(問題)
 甲所有のA不動産を乙が占有し、取得時効が完成した後、未登記の間に丙が甲からA不動産を買い受けて登記した時は、乙が更に、占有を続け、再度の取得時効期間が経過したとしても、乙は登記なしには、丙に対し時効による所有権取得を対抗できない。→○か×か
(解答)
 乙が取得時効完成後、再度取得時効期間を経過してA不動産の占有を継続した場合、その時効による所有権取得を丙に対抗しうるか、明文上明らかでなく問題となる。民法177条の「第三者」とは、当事者及び包括承継人以外の者で登記の欠缺を主張する正当な利益を有する者を指すと解される。
 本件の丙は、乙の最初の取得時効完成後甲からA不動産を買い受けており、同時効取得をめぐる当事者及び包括承継人以外の者であって、かつ乙とは対抗関係に立つことから、「第三者」にあたるとも思える。しかし、乙がA不動産の占有を続け再度の取得時効期間を経過した時点において、丙は、すでにA不動産を甲から買い受け、その旨の登記を具備している。とすれば、同時点において乙と丙は、A不動産の時効取得をめぐる当事者の関係にあると言える。よって、本件で丙は「第三者」にあたると言えないから、乙は、登記無くして丙に対し時効による所有権取得を対抗できる。
 答えは、×である。

(問題)
 受刑者の自由をはく奪する刑罰が自由刑であるが、わが国の自由刑は、懲役、禁固及び勾留である。→○か×か
(解答)
 刑法9条は、自由刑を懲役、禁固、拘留と定める。よって、勾留は、わが国の自由刑に含まれない。答えは、×である

当サービスの利点は3つです。
①単なる暗記にとどまらず問題の本質を理解できる
②短答対策をしつつ、論文対策への助走をつける
③少ない知識を応用する解答力を身に付けられる

すべて読む

購入にあたってのお願い

当サービスの料金は短答式問題1問あたりの単価です。
当サービスを通じて短答も論文も法律問題としての本質は同じであるという理解・感覚を実感していただくことを目指しています。その点を理解できれば、短答対策が論文対策にもなり、論文対策が短答対策にもなるため、あなたの努力の成果は目に見えて現れていくでしょう!

すべて読む

有料オプション


評価・感想(1件) 5.0

読み込んでいます...

関連サービス