初めての電子書籍。KDPで出版する方法教えます

ライバルに圧倒的な差をつける「著者」という肩書への最初の一歩

評価
5.0 (1)
販売実績
1
残り
5枠 / お願い中:0
  1. 提供形式
    PDF・各種定型ファイル
  2. リサーチ
    企画・構成
    画像の用意(選定/撮影)
    校正・編集・リライト
    SEO対応
    お届け日数
    3日(予定)
    初回返答時間
    8時間以内(実績)
    用途
    • 記事・ブログ
    • Webコンテンツ
    • 小説
    • 論文・レポート
    • 説明文・マニュアル
    業種
    • IT・テクノロジー
    • 金融・マネー
    • 住まい・ライフスタイル
    • ゲーム・エンタメ
    • その他
初めての電子書籍。KDPで出版する方法教えます ライバルに圧倒的な差をつける「著者」という肩書への最初の一歩 イメージ1
初めての電子書籍。KDPで出版する方法教えます ライバルに圧倒的な差をつける「著者」という肩書への最初の一歩 イメージ1
初めての電子書籍。KDPで出版する方法教えます ライバルに圧倒的な差をつける「著者」という肩書への最初の一歩 イメージ2

サービス内容

・作家としてデビューしたい ・自分自身のビジネスに活かしたい ・ブランディングに役立てたい ・ブログやメルマガなどを電子書籍にしたい せっかく持っているあなたの知識やコンテンツ 競合と差別化できずにいるとしたらもったいない。 ライバルに圧倒的な差をつけるひとつの手段として「出版」があります。 とてつもなく高く感じる「出版」のハードル。 その理由は「やったことがなく未知の世界だから」 そして「完璧を目指し過ぎる」から。 未知の部分に道ができ 完璧を目指さなくても大丈夫、だとわかると一歩踏み出せます。 電子書籍ならではの優れた点も多くあり、強力なブランディングに役立ちます。 著者という肩書は出版した人のみが得られる称号です。 難しく感じる「出版」も手順を踏めば周り道せず出版することが可能です。 出版するたび、新たな気づきがあるのが自己出版の魅力 一度経験すると、2冊目の出版へのハードルはぐっと下がります。 もともと文章を書くのはそれほど得意ではない私自身も、今では3冊の電子書籍を出版しています。 わからないことを一つ一つ調べ、試行錯誤を繰り返し何とか辿りついた初出版 いざ出版してみると「あれっ、出来ちゃった」というのが正直な感想です。 とはいえ 初めての出版は、原稿を書くことよりも調べることに費やした時間の方が遥かに多い。 私自身が最初から知っておきたかったことや知人の作家からの情報などをまとめています。 本書であなたを「著者」へと誘います。 あなたの出版への道のりの「はじめの一歩」となれることを嬉しく思います♪ 【内容】 本PDFの使い方 はじめに 第一章  1.今時の出版事情  2.出版することのメリット・デメリット  3.何を書くか?  4.ページ数はどれくらい必要?  5.価格設定とロイヤリティ(印税)について 第二章  1.KDPのアカウントを作る。  2.原稿の作成(構成から校正まで)  3.タイトルを決める  4.表紙を作る  5.原稿のファイル変換  6.KDPにアップロード 付録「でんでんコンバータ」での変換方法 (PDF 68P) 当PDFはテキスト主体の電子書籍を対象としたガイドです。 ご不明点がありましたら事前にお問い合わせください。

購入にあたってのお願い

☆☆お願い☆☆ PDF資料のお渡しとなります。 ご購入後に簡単な内容で結構ですのでメッセージをくださいますようお願いします。 【電子書籍までの基本のステップ】(PDF 68P) お送りした時を正式な回答としクローズとさせていただきます。 代行は行っておりません。あらかじめご了承お願いします。 ※万が一ファイルに不具合などありましたらご連絡ください。対応させていただきます。 クローズ後、3日間はトークルーム上で それ以降はダイレクトメッセージで。 あなたの出版を心から応援しています♪