サービスを探す
出品者を探す
悩み相談 カウンセリング・コーチング 恋愛・結婚相談 キャリア・就職相談 暮らし・住まいの相談 不動産・税金・保険・ローンの相談 子育て・教育・受験の相談 健康・医療の相談 旅行・おでかけの相談 趣味・娯楽

白内障手術費用を保険で上手に活用する方法教えます

活用できれば、手術費用は浮きます。

販売実績:0 残り:5枠(お願い中:0人)
  1. 提供形式
    テキストチャット
  2. お届け日数 3日(予定)
    ジャンル
    • 住まい・不動産
    • 家計・保険・お金
    • 生活・便利

サービス内容

「白内障」は60代で6割、70代では7~8割、80代ではほとんどの方に症状が現れます。
通常「単焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術だと健康保険が適用でき(1~3割負担)日帰り手術を2回(両目)で請求金額は15万円から30万円程になります。しかし高額療養費制度があるので、実際の自己負担額は2万円~8万円程(世帯収入に依る)になります。
「単焦点レンズ再建術」よりさらに最先端の技術として、先進医療の「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」がございます。これだと片目で40万円ほどかかり、両目で80万円~100万円です。そしてこれらの技術料は全額自己負担となります。
この費用を助ける生命保険の特約としてあるのが、先進医療特約です。生命保険は、損害保険と違って、入った分だけ保険金ももらえます。例えば、先進医療特約に2つ加入していると、両目で160万円から200万円の保険金がもらえます。ただし、この特約は基本重複してはいけなく、同じ保険会社では、入れないようになっているものもあります。また保険会社によっては「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」については適応外にしている所もあります。
これらを上手くすり抜け、合法的に保険金を受け取る方法をお伝えします。
ちなみに、前職の上司はこの方法で、がんの先進医療を受け、600万円程、私の親せきは白内障手術で95万円に対して155万円の保険金を受け取りました。

条件として
1:お医者様から白内障の告知を受けていない方(自覚症状は構いません)
2:そもそも保険に加入出来る人(健康告知上問題無し・緩和型でも可能)
※私から保険に加入するわけではありませんのであしからず
3:半年から1年間、期間が待てる人(保険によっては調査が入ったりするため)

注意:この文面を見て、自己判断で行い、保険金調査が入り保険金を頂けない人がおったみたいです。保険会社も当然色々な対策を行いますので、相談なしの素人の方は完全自己責任でお願いします。

すべて読む

購入にあたってのお願い

年齢・性別・現在の保険加入状況

すべて読む

関連サービス