サービスを探す
出品者を探す
悩み相談 カウンセリング・コーチング 恋愛・結婚相談 キャリア・就職相談 暮らし・住まいの相談 不動産・税金・保険・ローンの相談 子育て・教育・受験の相談 健康・医療の相談 旅行・おでかけの相談 趣味・娯楽

Amazonの制限ブランド/制限カテゴリ解除します

出品制限ブランド/カテゴリの出品許可申請通し方教えます

販売実績:0 残り:5枠(お願い中:0人)
  1. 提供形式
    PDF・各種定型ファイル
  2. お届け日数 3日(予定)
    業種
    • 小売・飲食・生活
    • IT・テクノロジー
    • メディア
    • エネルギー・インフラ
    • 建設・不動産
    職種
    • 商品企画・開発
    • 営業・接客
    • 人事・総務・法務

サービス内容

2016年12月10日より一定の実績を満たさないアマゾンの販売アカウントに対して”ブランド単位”での出品制限が導入されました。
上記日付以降、新規でアカウントを取得した場合などは、フルで制限が掛かっている状況かと存じますが、Amazonの審査基準自体が一貫しておらず、制限対象のアカウントとなった方は苦労されていることと思います。

このサービスではそんな厄介なブランド出品許可申請を解除方法を紹介させていただきます。

基本的に出品制限されたブランドやカテゴリの解除には、メーカー又は問屋から発行された請求書が必要となりますが、要件を満たした請求書を提出したとしても出品制限が解除されるとは限らないのが現状です。

解除手法自体の公開となります。
※2019年7月時点で、同手法にて「カテゴリ」の制限も解除可能である事を確認しました。これに合わせて、当サービスのタイトルを変更しています。

2019年内15件ほど申請していますが、現状100%の解除率です。
以下、解除可能なことが確認済みのカテゴリとブランド一例です。
解除確認済みの制限カテゴリ:
おもちゃの積み木
充電器
ベビーカー&だっこひも
幼児用おもちゃ
学習玩具

解除確認済みの制限ブランド:
パナソニック(Panasonic) エレクトロニクス
キヤノン カメラ
ソニー(SONY) エレクトロニクス
富士フイルム カメラ
バンダイ(BANDAI)
JBL エレクトロニクス
ALINCO(アルインコ)
ライフリー
トランセンドジャパン
ヤマハ(Yamaha) エレクトロニクス
ELPA ホーム
Phillips Sonicare

同様の手法で何ブランドでも解除可能で、主要なブランドはほぼ全て申請可能。
不要な商品を購入する必要などはなく(購入してもOK)、別段、かかる費用はありません。

カテゴリに関しては請求書以外の要件を求められる(例えば出品予定の商品の画像など)場合がありますがそちらは別途ご用意いただく必要がございます。
例:制限カテゴリ「おもちゃの積み木」では商品の現物を6面から撮った写真が請求書の他に要求されます。

軽く調べたところ、同様、同水準のノウハウを公開しているサイトやブログはありません。

出品制限の解除までの手順をマニュアル化してご案内します。

すべて読む

購入にあたってのお願い

出品制限の解除までの手順をマニュアル化していますので、そちらのURLをご案内します。

すべて読む

関連サービス