サービスを探す
出品者を探す
悩み相談 カウンセリング・コーチング 恋愛・結婚相談 キャリア・就職相談 暮らし・住まいの相談 不動産・税金・保険・ローンの相談 子育て・教育・受験の相談 健康・医療の相談 旅行・おでかけの相談 趣味・娯楽
仕事・相談を探す

働き方改革に関する悩ましい部分をスッキリとさせます

無理なく対応でき社員にも説明できる解決方法をアドバイスします

販売実績:0 残り:5枠(お願い中:0人)
  1. 提供形式
    テキストチャット

    ビデオチャット打ち合わせ可能

  2. お届け日数 要相談 
    業種
    • 製造業
    • 人材・業務支援
    • 小売・飲食・生活
    • IT・テクノロジー
    • その他
    職種
    • 経営者・経営企画・経営戦略
    • コンサルタント・リサーチ
    • 人事・総務・法務

サービス内容

国が設置した働き方改革推進支援センターでの相談員も務めており、数多くの企業に対して働き方改革への対応方法をアドバイスしてきました。

働き方改革は、無理のない対応でなければ意味がありません。

当サービスでは、依頼者の置かれた状況を詳しく確認した上で、無理なく対応でき社員にも説明できる解決方法と取り組みの進め方を具体的にアドバイスします。

白か黒かという視点でモノをいうのではなく、グレーゾーン的な対応に関しても具体的にアドバイスします。

すべて読む

購入にあたってのお願い

人事労務担当者が経営者に対して提言する目的で当サービスをご利用になられる場合は、その旨ご説明ください。

経営者が受け入れやすくなる提言の仕方についても、アドバイスさせていただきます。

すべて読む

有料オプション


よくある質問

有給休暇や時間外労働に関する法律上の取り決めには罰則がありますが、違反した場合、問答無用に罰則が適用されるのでしょうか?
労働法違反への対応に関して、労働局や労働基準監督署は、「是正指導を行い、従う姿勢を見せなかった事業者に対して罰則を科す」というスタンスを取ることが一般的です。

よって、働き方改革に関する法令違反に関しても、啓蒙目的での指導が行われ、その後改善の見られない事業者に対して罰則が科せられる想定ができます。

ただし常軌を逸する長時間労働などの悪質な事案に対しては、いきなりの罰則(刑事罰)の適用も考えられます。
同一労働同一賃金の適用が始まった後は、必ず非正社員の賃金を引き上げなければならなくなるのでしょうか?
同一労働同一賃金というのは、「正社員と非正社員の間で、仕事の内容は同様なのに処遇格差が存在している場合は、格差を是正しなければならない」という趣旨の内容です。

仕事の内容が同様かどうかは、「職務の内容」、「責任の程度」、「配置上の制約」などの要素で判断します。

仕事の内容が同様ではないと判断できる場合は今すぐに賃金を引き上げる必要はありませんが、会社が判断した根拠を非正社員の方々に説明できる体制を整える必要があります。
有給休暇の年間5日以上取得は、従業員が取りたくないと言った場合であっても必ず取らさなければならないのでしょうか?
従業員が取りたくないと言った場合であっても、年間5日以上の有給休暇を与える必要があります。

年間5日以上の付与を必ずクリアーするために、有給休暇の管理簿を作成することも義務付けられています。
もっと見る

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス