サービスを探す
出品者を探す
悩み相談 カウンセリング・コーチング 恋愛・結婚相談 キャリア・就職相談 暮らし・住まいの相談 不動産・税金・保険・ローンの相談 子育て・教育・受験の相談 健康・医療の相談 旅行・おでかけの相談 趣味・娯楽
仕事・相談を探す

必要な歯科衛生士を採用できる方法をお伝えします

歯科衛生士は何を求めているのか?求人広告NGワードとは?

5.01 販売実績:1 残り:5枠(お願い中:0人)
  1. 提供形式
    PDF・各種定型ファイル
  2. お届け日数 3日(予定)
    業種
    • 人材・業務支援
    職種
    • 人事・総務・法務

サービス内容

あなたの歯科医院では、
経営を安定できるだけの歯科衛生士を確保できていますか。

歯科衛生士の募集をかけても、
応募してくる人数が少ない、
院長先生が求めるレベルの歯科衛生士が応募してこない、
という悩みはありませんか。

このレポートでは、最近の歯科衛生士が転職する際に、
何を求め、何を考えているのかを調査し、まとめたものです。

調査結果から、歯科衛生士の募集トレンドが見えてきました。
トレンドに合った訴求ポイントを前面に押し出すことで、
歯科衛生士が応募しやすい状況を創り出すことが出来るでしょう。

あなたの医院が歯科衛生士を応募し、
歯科衛生士を採用するときに参考としてもらえると幸いです。

また、求人広告によくあるNGワードについても、
客観的に見たアドバイスをまとめました。

歯科衛生士からの反応率がいい広告を出すことで、
求人広告の費用を減らすことが出来ます。

このレポートがあなたのお役に立てることと信じています。

すべて読む

購入にあたってのお願い

どのような求人広告を出されるか、最終的に決めるのはあなたです。
このレポートの情報は、2019年12月までに調査した内容です。
参照先WEBの調査結果によっては、それ以降に変更になっている内容があるかもしれません。
あなたご自身でご確認してください。
サービス価格は最低限の金額としてます。
購入後の返品、返金は承っておりません。ご了承ください。

すべて読む

有料オプション


評価・感想(1件) 5.0

読み込んでいます...

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス