ワードプレスのPHPバージョンアップをご支援します

事前チェックと注意点、エラーが出た時の相談が主な内容です

評価
5.0 (25)
販売実績
33
残り
20枠 / お願い中:0
ワードプレスのPHPバージョンアップをご支援します 事前チェックと注意点、エラーが出た時の相談が主な内容です イメージ1
ワードプレスのPHPバージョンアップをご支援します 事前チェックと注意点、エラーが出た時の相談が主な内容です イメージ2
お届け日数
要相談 / 約6日(実績)
初回返答時間
3時間以内(実績)
ワードプレスのPHPバージョンアップをご支援します 事前チェックと注意点、エラーが出た時の相談が主な内容です イメージ1
ワードプレスのPHPバージョンアップをご支援します 事前チェックと注意点、エラーが出た時の相談が主な内容です イメージ1
ワードプレスのPHPバージョンアップをご支援します 事前チェックと注意点、エラーが出た時の相談が主な内容です イメージ2

サービス内容

PHP7.3以前のバージョンが軒並みサポート終了となっております! 対応がまだの方は早めの対応をご検討ください。 Wordpressが重い! と言う悩みを抱えつつ運用をされているサイト主様すべてにオススメのPHP7の採用を支援させて頂きます。 PHP7にするメリットは? ・びっくりするくらい各種の処理が早くなるのでサイトの表示も早くなる ・対応ができていない、対応が遅いプログラムをふるいにかけられる 手順 ・事前にエラーの出る可能性が高いプログラムを確認 ・最新(推奨)のPHPにバージョンアップ ・不具合がないかチェック ・不具合があったら方針をご一緒に検討 不具合が判明した場合、 対応していないプラグインなどは使用を終了などを行い、なるべく最新のPHPで運用していくことをお勧めしますが、バージョンアップが難しいと言う判断になった場合は元のバージョンに戻す作業を行わせて頂きます。 (ロリポップサーバーでは一度バージョンアップすると古いものには戻せない決まりとなっています) ※ご注意ください。 サーバーによってはドメイン毎ではなく全体としてPHPのバージョンを管理しているサーバーもございますので、その際はWordpressの数分の費用を頂く形になります。 PHP7がリリースして4年以上が経過した今、導入しない手はありません。殆どのプログラムも対応ができていますのでご心配を払拭し、快適なサイト運営をお手伝いしたいと思いリリースしました。 ※PHP8について 対応できればなお安心ですが現状お勧めまではしておりません。 なぜなら 少しずつテーマ、プラグインの対応が進んでいるようですが 2022年2月15日現在 例えばお勧めのサーバーであるエックスサーバー https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=ZSMUD+4ASSDM+CO4+5ZU2B では PHP8.0.12 PHP7.4.25(推奨) PHP7.3.31 となっており、未だ推奨となっていません。 推奨とするサーバーもあるのですが、これは「最新PHPが使える環境は当然推奨」と言う意味と捉えることが出来、今の時点でも推奨としていないサーバーは逆に調査をしっかりしている信頼できる情報と受け取れます。 ご検討をよろしくお願いいたします。

購入にあたってのお願い

●ご購入後のトークルームにて ・レンタルサーバーの名前とログイン情報 ・WordpressのURLとログイン情報 ・FTP接続のための情報 を教えてください。 (添付ファイルでのお渡しはセキュリティ的にもお控えください。) ※ご依頼完了後、必ずパスワードの変更(ユーザーを削除)をお願いします。 ●エラーになる可能性を少なくするために 使っていないプラグインの停止および問題なければ削除。 Wordpress本体、プラグイン、テーマは最新の状態にしておいて下さい。 バージョンアップに関してご不安な場合は https://coconala.com/services/41419 こちらで事前の(又は一緒に)バージョンアップをお手伝いを行っております。 (バージョンアップをしておくとエラーの可能性が下がります) ※問題が起こった時のサポートはある程度までとなります(重篤な場合は追加のお見積や元のバージョンに戻す作業を行わせて頂きます)。 ※音信不通が数日続いた場合は完了またはキャンセルとさせて頂きます。

有料オプション