サービスを探す
出品者を探す
悩み相談 カウンセリング・コーチング 恋愛・結婚相談 キャリア・就職相談 暮らし・住まいの相談 不動産・税金・保険・ローンの相談 子育て・教育・受験の相談 健康・医療の相談 旅行・おでかけの相談 趣味・娯楽
仕事・相談を探す

たった三行の文から思い通りの文章を作る方法教えます

ライターが発見した「その手があったか!」の作文方程式とは?

5.01 販売実績:2 残り:20枠(お願い中:0人)
  1. 提供形式
    PDF・各種定型ファイル
  2. リサーチ
    企画・構成
    画像の用意(選定/撮影)
    校正・編集・リライト
    SEO対応
    お届け日数 5日(予定)
    用途
    • 記事・ブログ
    • Webコンテンツ
    • レビュー・口コミ・体験談
    • 論文・レポート
    • 説明文・マニュアル
    業種
    • 美容・ファッション
    • 医療・健康
    • 金融・マネー
    • ゲーム・エンタメ
    • ビジネス・法律

サービス内容

☆なぜ誰もこの方法を思いつかなかったのか!?
☆公式を埋めてできる三行の文。それさえできればどんな長い文章でも書ける!
☆プロライターが現場で編み出した理論と実践にまたがる超実用的な文章作成術

【数学の問題を解くように文章も論理的・構造的に組み立てられる】

数学の方程式のようなものが文章にもあればいいのに‥。書けなくて悩んだ時、そんな思いが頭をよぎったことはありませんか? それに沿って思考を進めていくだけで思い通りの文章が出来上がるーー。そんな魔法のような方程式があったらたしかに便利ですよね。

じつはそんな方程式が実際に存在するのです。ここに紹介する作文方程式がそれです。

【方程式を埋めるだけでそのままでも伝わるアウトラインが即完成!】

これは「問い」と「答え」という基本単位をもとに文章を再構成するというユニークなアイディアであり、それをもとにした文章作成のための新しい方法論です。未知数を入力するだけで答えが自動的に導き出せる数学の方程式にも似ているところから「方程式」と名付けました。

またそれを元にしたテンプレートを利用すれば、指示にしたがって入力していくだけで論旨の明確なわかりやすい文章のアウトラインが簡単にできあがります。

現役ライターである筆者が現場で悩みながら編み出したこの作文方程式をもとにした文章作成テンプレート(マニュアル付)をご希望の方にお譲りいたします。

すべて読む

購入にあたってのお願い

商品はダウンロードしてデスクトップ上でお使いいただくHTMLファイルです。圧縮してありますので、解凍してお使いください。あわせてオンライン上で使えるURLもお知らせします。

すべて読む

トークルーム回答例

サンプルをすべて見る

サンプルをすべて閉じる

トークルームでの回答サンプル(1)

購入しました。よろしくお願いします。

ご購入いただき、ありがとうございます。

商品一式を添付いたしました。

圧縮してありますので、解凍の上、ご利用ください。

商品一式に含まれるのは以下のものです。
●テンプレート(例文が異なる2種類)
●使い方マニュアル(PDF形式)

ご利用の際は、「index.html」をブラウザで開いてください。

また下のオンラインのサイト上でもご利用いただけます。
https://XXXXX.XX/YYYYY

※ご注意
オンラインのサイトは予告なく削除、もしくは修正される場合があります。

よろしくお願いいたします。


よくある質問

なぜ書けるようになるのですか?
問いが明確になるからです。書けないのは、問いが明確でないからです。文章とは、突き詰めて言えば問いと答えの連続です。したがって文章を書く上で何よりも大切なのは問いを明確にすることです。問いが曖昧では答えも曖昧になってしまいます。作文を苦手とする人の悪い癖は、問いも答えも曖昧なまま無理やり書こうとすることです。いわば出発地も目的地もわからないまま地図も持たず見切り発車してしまうようなものです。だから途中で道に迷い、書けなくなってしまうのです。

この方程式は、それを埋めることで問いと答えを明確にする手助けをします。さらにテンプレートにあてはめることで明快なアウトライン(骨子)を導き出します。アウトラインは地図のようなもの。地図があれば少なくとも道に迷うことはありません。つまり明快なアウトラインさえ導き出せればあとはそれに肉付けするだけで自然にわかりやすい文章が出来上がる、という仕組みです。
どんな人にお奨めの商品ですか?
書きたいことがあるのに書けないでいるすべての人が対象です。逆にすらすら書ける人には当然ながらそれほど役には立たないかと思います。ただ一般に書ける人にも書ける時と書けない時があるはずです。そんな人もこの方程式を知るとなぜ書けないかその理由が判るようになります。なので、書けるけれども、そういった「波」に影響されず、いつでもどこでも一定レベル以上の文章が書けるようになりたいという方にはおすすめできるかと思います。
あらゆるジャンルの文章に応用できますか?
これは基本的に「自分はこう思う」という自分なりの主張をもつ論説文やブログ記事を前提とした方程式であり、テンプレートです。しかしちょっとひと工夫すれば説明文や報告文、さらにはコピーライティングなどにも十分応用可能です。ただし(厳密な方法論としてはあてはまるものの)小説や詩などいわゆる文学的なジャンルは対象外となります。それ以外の実用的な文章であればツイッターの投稿文も含め、ほとんどのジャンルで応用は可能だと考えています。
もっと見る

評価・感想(1件) 5.0

読み込んでいます...

得意を購入しよう!

登録はたった30秒。ココナラに登録してサービスを購入しよう。

Eメールで新規登録(無料) Facebookで新規登録(無料) YahooIDで新規登録(無料)
既に登録されている方はこちら

関連サービス