掲示物のデザインのコツとは?準備や編集が難しければココナラ!

掲示物を眺める人

ひと口に「掲示物」と言ってもさまざまなものがあります。小学生や中学生のころには「壁新聞」や「ポスター」を作った経験のある人もいるはずです。しかし、大人になってから作ろうと思うと、これが案外難しい……。それなら、ココナラのプロたちに任せちゃいましょう!

「掲示物」とは目で見るもの全般を指す!

掲示物は幅が広い
そもそも「掲示物」とは何なのでしょうか?
さまざまな辞書でひいてみると、どうやら「人の目に触れるもの」を指すようです。
確かにそのとおりで、シーンやターゲットによって役割は違いますが、掲示物とは多くの人に見てもらうものの総称になります。
利用シーンはさまざまですが、次のようなものもすべて掲示物に入ります。

幼稚園や小学校の掲示物

季節の切り絵や学級目標、習字で書いた作品など、思い出に残っている人もいるでしょう。
これらはすべて掲示物と呼ばれるものです。
幼稚園や小学校に多く、比較的長期にわたって貼られていますね。

この辺の掲示物は、何かしらの情報を持っているものではないことが多いです。
どちらかといえば、学習成果の共有や飾りの意味合いが強いからです。
実際、元先生たちによれば、子どもたちが注目する期間は短く、すぐに飽きてしまうとか……。
掲示物の中でも少し変わった立ち位置のものですね。

中学・高校・大学の掲示物

年齢が上がってくると、自分たちの作品に加えて、いろいろな情報をもった掲示物が出てきます。
部活動やサークルの勧誘ポスターや標語、履修やテスト範囲の情報など、自分たちにとって大事なものもあります。

また、地域の人たちに学園祭などのイベントをお知らせするときにも使うでしょう。
このころになると、必要な情報を集める力がついていると判断され、重要な情報も掲示物ひとつで確認させられることも珍しくありません
特に高校・大学に来る求人情報などはいい例でしょう。
向こうから情報が来るわけではないので、目を凝らしてみておく必要がありますね。

会社・地域の掲示物

地域開催のイベントやビジネスで使われるものは、ターゲットにアクションを起こしてもらうためのもの
特にビジネス関係の掲示物は、集客や販促に影響するので作成する労力が半端ではありません。

また、目的と効果によってはポスターのようなカラフルなものではなく文字だけでできているものもあります
地域の防災訓練のお知らせや社内広報などは、その典型ではないでしょうか。
なんとも味気ないものですが、これも掲示物に含まれるのです。

このようにひと口に掲示物言っても、文字だけのもの、ポスター形式の集客からアクションにつなげるもの、ただ楽しませるだけのものとさまざま
今回はその中でも特に写真など、デザインが必要なもののお話を中心に進めていきます。

掲示物のデザインに必要なモノやコツとは?

掲示物を作るには?
掲示物を作るうえで必要なモノやコツとは何なのでしょうか?
デザインと言うだけあって、画像編集ソフトは必要なのかも気になるところ……。
そんな疑問についてひとつずつお答えしていきましょう!

編集ソフトは文章作成ソフトでもOKですが……

情報の内容やターゲットにもよりますが、掲示物をデザインするのに画像編集ソフトは必須ではありません
パソコンで作る場合は、WordやGoogle Documentのような文章作成ソフトだけ十分できてしまうのです。

Wordを例に出せば、画像や写真を挿入することは可能ですし、文字色や書体もある程度変更可能。
掲示物を作るための必要最低限の能力は持っているので、簡単なものなら難なく作成できます。

ただし、あくまでも最低限の機能でしかありません
うまく使えば画像編集ソフト顔負けのデザインもできますが、あくまでも文章作成がメインなので、効率的ではないことを覚えておきましょう。

掲示物をデザインするときに必要なモノ

では、掲示物をデザインするために必要なモノを説明していきましょう。
大きく3つのモノについてお話します!

画像やモチーフ

ひとつめは画像やモチーフです。
画像は掲示物に入れ込むものなのでわかりますが、モチーフと言われるとピンと来ない人もいるでしょう。

掲示物には決まった形がありません。
つまり、自分の好きな形で作っちゃっていいのです!
もし、掲示物で伝えたい情報にピッタリのモチーフがあれば、モチーフの形にデザインしてしまいましょう。
見た目のインパクトも十分なので、あれば準備をしておきましょう。

載せる最低限の情報

掲示物に情報を載せる場合には、どんな情報が必要かも事前に考えておきましょう。
あまりにも多くなりすぎると掲示物がごちゃごちゃしてしまいます。
これでは、デザインを意識するどころの話ではありませんね。

載せる情報は最低限にとどめることをおすすめします。
ビジネスの場合はある程度の型があったりするので、それを守りながらデザインを考えましょう。

キャッチコピー

これは集客や販促目的の掲示物ですが、キャッチコピーの準備もお忘れなく!
商品やサービスをひとことで言い表したもので、掲示物のデザインでは欠かせないものです。

キャッチコピーは、その掲示物が何を紹介しているのかわかる文言で書くのが普通です。
ただ、これを考えるのが非常に難しく、デザインする上では一番時間がかかるでしょう。
作り手が複数いる場合はいくつか案を出し合って、その中から決めるのがオススメです。

掲示物をデザインするときに必要なコツ

続いてはデザインのコツのお話です。
身近にある掲示物がどんなコツを使っているのか、注目しながら見直してみるとおもしろいかもしれません。

写真・イラストの画質

掲示物の載せる写真やイラストの画質は、できる限りいいものを選びましょう。
文字以外に視覚で訴えるためには、きれいに見える写真やイラストを取り込んだデザインがいいです。

自前で写真を撮るのであれば、一眼レフなどの高画質なものを使いましょう
スマホのカメラでもいいのですが、カメラ機能が高くないものもあるので素材の撮影には不向きかも……。
イラストも同様で、あまり大きくしすぎて画質が荒くなるようなら別の物に差し替えましょう。

書体のバランス

書体とは、文字のデザインのことです。
書体ひとつでデザインがオシャレに見えたり、味気なく見えてしまうこともあります。

また、書体にはたくさんの種類があるので、紹介したいものやサービス、内容によって変えるといいでしょう。
紹介するもののコンセプトにあった書体にすることで、文字からも見た人の想像力を掻き立てることができます。
もちろんその逆もありうるので、慎重に検討してくださいね。

全体の配色

掲示物に限らず、人に何か伝えるときには配色が大きなカギを握ります。
色をふんだんに使えば目立ちはしますが、あまりにも使いすぎると目がチカチカしてしまい、読む気にならないことも……
かといって地味すぎても人の目に留まらないようでは意味がありません。

掲示物の配色には黄金比があり、メイン7割、サブ2割、アクセント1割と言われています。
主にポスターのデザインの際に言われることですが、掲示物でも同じなので、この黄金比を覚えておきましょう。

掲示物デザインのテクニックは奥が深い!困ったらココナラに相談!


先の章でお話したことは掲示物のデザインで大事なことではありますが、基本中の基本にすぎません
より効果が出る掲示物をデザインしようと思うと、基本プラスアルファが必要です!
それはテクニックであったり考え方であったり……。
考え出すとキリはありませんが、特に大事なものを紹介しましょう!

6W2Hの考え方を取り入れる

「6W2H」をご存知でしょうか?
主にマーケティングで言われるもので、6つのWと2つのHからできています。
簡単に説明すると以下の意味になります。

When:いつ
Where:どこで
Who:だれが
Whom:だれに
What:なにを
Why:なぜ
How:どのように
How much:いくらで

ターゲットを明確にするときによく使われますが、掲示物に求められているものも同じ要素
6W2Hがブレブレだと、文字による情報は持ちろん、デザインも定まらないままになってしまいます。

ジャンプ率の意識

「ジャンプ率」とは、簡単に言えば見出しと本文の文字の大きさのバランスのことです。
聞き慣れない言葉ですが、掲示物の文字情報には大事なもので、比率の上下によって印象が様変わりするのです。

例えば、見出しと本文の文字サイズの差が大きいと元気な印象に、逆に差が少ないと落ち着いた印象になると言われています。
これをジャンプ率が高い・低いというのです。
写真やイラスト、配色も大事ですが、ジャンプ率ひとつで印象まで変わるとは驚きですね。
お分かりかと思いますが、某有名漫画雑誌の話ではありませんよ……、念のため。

レイアウトのルールを無視しない

「余白」「揃える」「まとめる」の3つは、レイアウトのルールと呼ばれています。
「余白」がないと文字は読みにくいですし、文字の位置を「揃え」ないと情報を追うのに手間がかかります。
また、情報を1か所に「まとめる」ようにしないと、いちいち情報を探さなければなりません。

このルールは、意図目的があればあえて破っても問題はないです。
ただ、しっかりとした目的を持っていなければ、ただの雑なデザインの掲示物にしか見えなくなってしまいます。

無理・ムズカシイと感じたらココナラにお任せを!

ここまでお読みいただいて、

「もう無理!自分じゃ無理!」

となった人は少なくないでしょう。
ここまで行かなくても、難しさを感じた人もいるかと思います。

そんな皆さんには、ココナラをオススメします!
ココナラには掲示物のデザインに長けたクリエイターが数多く出品しているからです。
料金も明確で見積もりもカンタン、ネット上のやり取りだけなのでコミュニケーションコストもかかりません!
自分で効果的な掲示物デザインができないと思ったら、ぜひ一度相談してみましょう!

掲示物のデザインで人気のクリエイター30選!


掲示物といってもポスターだけではなく、看板やチラシなどその範囲はさまざま。
自分が求めている掲示物を作ってくれそうなクリエイターを、今回紹介する30人のなかからぜひ探してみてください!

正しく伝わってナンボ!そんな掲示物を作ります

修正無制限・デザイン2案!プロがチラシを製作します チラシ リーフレット ポスター フライヤー パンフレット

その価値は掲示物の効果で証明します

プロとして豊富な実績でチラシ・ポスター制作します 何をどのように伝えるか… 結果に効果をもたらすデザイン

訴求力抜群でオシャレな掲示物なら!

訴求効果抜群のチラシ・ポスターをデザインします オシャレなチラシ・フライヤー・ポスターを格安でデザインします

集客力に絶対的な自信があります

集客にてきめん効果的なチラシ、ポスター制作致します 現役プロが、集客やブランディングに効果的なデザインを致します

個人から法人まで幅広く対応!

バッチリな☆チラシ・ポスターをデザイン致します 企業様も個人様も!印刷物なら何でもデザインします☆

ターゲットが女性なら私にお任せ!

チラシポスター・SNS投稿画像セットで作ります 女性目線ならではの訴求力と質の高いデザインを作ります!

サービス・品質ともにピカイチの自信があります

チラシ、ポスター、パンフレット等デザインいたします 集客、会社案内、イベントの告知等、格安で幅広くデザインします

紙媒体からデータまでなんでもお任せ!

チラシ・POP・ポスター・DMデザインいたします A4サイズまで、地図とカットイラスト・フリー写真も含みます。

パワポのデザインだからと侮るなかれ!

パワポで目をひくチラシ・ポスターを作成いたします ◎パワポだから編集簡単!◎フワッとした要件での依頼もOK!

大手クライアントの経験を活かした掲示物を作ります

フライヤー・メニュー・ポスター等制作いたします 大手クライアントとの制作経験があるデザイナーが制作します

予想外の印刷技術で不可能を可能にできるかも?

プロデザイナーが広告やポスターをデザインします 広告・イベント関連フライヤーなどを制作致します。

要望に合わせた掲示物のデザインが持ち味です

チラシ・ポスター・POP・DM作ります ご要望に合わせてデザインを考えます!

この道10年の現役デザイナーにお任せください

現役プロがチラシ・ポスターを格安で制作いたします デザイン業界10年以上のプロです!お気軽にご相談ください!

デザインで会社の業績に貢献します

チラシ/ポスター/印刷物をデザインします 資産価値あるデザインで、NEXUSに関わる人のビジネスに貢献

写真や素材ナシでもOK!まずは相談をお待ちしています

安い!高品質!チラシ・ポスターをデザインします 企業様も個人様も!制作物なら何でもデザインします!

おいしい物好きが「おいしい」を伝える掲示物を作るオイシイ話!

お店のポスター・チラシ作ります 「美味しいもの好きな」現役デザイナーが制作をします

オシャレで見やすい掲示物ならぜひご相談ください

チラシ・POP・ポスター・DM等製作いたします オシャレ見やすいチラシ・フライヤー・ポスターなど作ります

小さくても効果抜群の掲示物を作ります

ポスター・チラシ作成いたします お求めやすいお値段でご提供させていただいております!

できた掲示物をSNSで拡散用にも作ってくれる特典付き!

デザイナー経験有!目を惹くチラシ、ポスター作ります 不動産、飲食、健康商品などでのデザイナー経験があります。

飲食店仕込みの魅力あふれる掲示物なら!

POP、フライヤー、ポスター、他デザイン作成します イベントや販売促進のアピールにも最適!

修正無制限で低価格ハイクオリティの掲示物作ります

修正回数無制限でこの価格!格安チラシデザインします 【実績有り!】DM、ポスターなど様々なデザイン作成可能です◎

スタイリッシュで効果的なデザインをご提供します

チラシ・ポスター・メニュー作ります コロナに負けないキャッチコピー付きデザイン作ります

キュートでポップな掲示物デザインなら私にお任せ!

かわいいポスターチラシのデザインいたします ポップでかわいいチラシ(ひとつき・3枚まで)

自分で修正できる!?型破りな掲示物なら!

パワポでチラシ・ポスターをデザインします パワポなのでご自身で修正作業を行うことができます!

掲示物に使えるちょっと変わった画像加工をします

画像の特殊加工 – サムネ、ポスターなどに使えます 画像特殊加工、コンピュータグラフィックス、高度画像処理

印刷物全般に強みがあります

チラシ・POP・ポスター・DM等製作いたします チラシ・フライヤー・ポスターなど作ります

印刷物から看板まで見せるものならなんでもござれ!

チラシ、ポスター、看板などをレイアウトします ラフデザインをネット印刷等に入稿対応データに仕上げます

どんなに小さな掲示物でもお作りします

掲示物/メニュー表/ポスター作ります 簡単なデザイン業務をお手伝いします! 店舗経営の助っ人♪

すでにできたものもブラッシュアップいたします

すっきりレイアウト、デザインご提案いたします 見やすく伝わる紙面へ、現役デザイナーがお手伝いします

狙った客層に響く掲示物を作ります

客層に合わせた効果のあるデザインを作成します チラシやフライヤー等ニーズに添って幅広くお安い値段でご提供♪

掲示物デザインの駆け込み寺にはココナラをぜひどうぞ!

助け合って素敵な1枚を
掲示物は、指しているものが多いため、今回紹介したコツやテクニックだけでは足りないこともたくさんあります。
しかし、共通しているのは見た人に正確な情報を伝え、頭に残せるだけのインパクトを与えられるかどうか。
情報伝達とインパクトを両方与えるには、デザインがどうしても切り離せません。

なかなかムズカシイ掲示物のデザインですが、どうしても無理だと感じたらココナラに相談を!
皆さんの駆け込み寺としてでもいいので、お役に立てると幸いです。

ココナラを詳しく見る