人気サロンの秘訣は看板デザインにあり?目を惹く理想の形とは

サロン 看板 デザイン アイキャッチ

サロンを開業するなら、まずは看板のデザインから考えてみませんか?看板はサロンの魅力を伝える手段だけではなく、安心感を与えることで集客率アップの効果も見込める、サロンにとっては大切なマーケティング方法。今回は、人を呼び込むサロンに隠された秘訣を、看板のデザインから紐解いて解説。この記事を読めば、あなたの理想は大きく近づくはず!

サロンの看板をデザインするときのコツ

サロン 看板 デザイン そもそも 看板とは
サロンの看板をデザインするとき、どのようなことを考えてデザインするべきでしょうか。

「奇抜にしよう」
「おしゃれな配色にしよう」

結果としてこのようなデザインになることはありますが、これらは全て手段に過ぎません。
本当の目的は、お店の魅力を最大限に伝えること。
具体的にどのような手順で看板のデザインに落とし込むのか、解説していきます。

サロンのコンセプトを見直す

あなたはなぜ、サロンを開業しましたか?
どのような思いを込めて、サロンを始められましたか?
このような問いに答えるという作業からデザイン作りは始まります。

というのも、看板とはそのサロンの魅力をお伝えするもの。
そして、サロンの魅力の源泉は、開業するときにあなたが込めた思いに他なりません。
従って、あなたがサロンのコンセプトを見直すことは看板のデザインをするために絶対必要となるのです。

サロンの空間を見直す

サロンの空間は、あなたの思い、すなわちコンセプトを具現化したものとして捉えることができるはず。
そこで、あなたがどのような空間作りに励んできたのか観察してみましょう。

店内の外観や内観はもちろん、従業員の働いている顔や雰囲気、お客様の表情まで徐々に観察の解像度を高めていきます。
すると、今まで気づいていなかったサロンの魅力に気づくことができるでしょう。

ターゲットを見直す

今抱えていらっしゃるお客様は、どの年代、性別が多いでしょうか?
また、これから開業を考えている方は、どの層をターゲットに考えているでしょうか?
まずは、年代と性別といったターゲット層の大まかな分析をしていきましょう。

次に、その層がどのような行動特性があって、どのような趣味趣向があるのか観察します。
すると、結果として「こんなデザインを気に入ってもらえる」という風にイメージを絞って固めていくことができるのです。

ここに注意!サロンの看板デザインで気をつけること

サロン 看板 デザイン 注意 ポイント
サロンの看板デザインには、注意するべきポイントがいくつか存在します。
適切にデザインの工程を守っていても、以下のポイントを見落としてしまうと集客に結びつかないことも。
いくつかピックアップしたものをご紹介します。

写真がない

店内やそこで働く従業員の写真を盛り込むと、安心感につながります。

エステサロンは比較的小規模で営むパターンが多く、それが初めて来店される方にとってハードルが高くなってしまうことも。
そこで、店内の透明性を高くするために、写真などを看板に貼っておくと安心感を与えることができるでしょう。

季節感が無い

エステサロンに通われる方は、基本的にトレンドに敏感な方が多く集まるかと思います。
そこで、季節感を大切にした看板のデザインにした方が良いでしょう。

冬ならあったかそうな色、夏なら爽やかな色を配色するなど、季節ごとに看板を変えるのもありかもしれませんね。

街に溶け込んでいない

また、エステサロンのお客様はセンスをとても気にされる方でもあるかと思います。
センスとは、周りとの調和が大前提なので、サロンがある街にうまく溶け込んでいる必要があります。
一度、デモのデザインが出来上がったら実際にお店に出向いてデザインと一緒に観察してみると良いでしょう。

サロンの看板デザインはココナラにお任せ

サロン 看板 デザイン おすすめ

看板ならなんでも制作

看板・のぼり・パネル等の大型資材のデザイン致します 修正回数無制限!大型資材のデザインならお任せ!

看板からチラシやパンフレットまで幅広く制作可能

チラシやパンフレット、ロゴや看板等デザインします 10年以上の経験と実績。新規作成からデータ修正などおまかせ

インテリアデザイナーが作るおしゃれな看板ロゴデザイン

インテリアデザイナーが温かいデザインをします イメージに合わせて作る♪おしゃかわショップロゴマーク

看板ロゴならこの人!修正も無制限に対応可能

修正無制限★想いを込めたロゴ制作いたします デザイナー歴15年以上。安心・迅速・丁寧なロゴ制作!

看板でサロンの魅力を最大限に伝えましょう

サロン 看板 デザイン まとめ
サロンの看板をデザインする、そのポイントについて解説してきました。
サロンとはお客様との距離が比較的近くなる場所。
サロンの魅力を効果的に伝えれば、お客様との強い信頼関係を作ることができるでしょう。
ココナラが、それを効果的にお伝えできるお手伝いができるのであれば幸いです。

ABOUT US

Kento
ココナラマガジン編集部ライターのKentoです。 主に「開業・開店・経営」「お金・資産運用」カテゴリーの記事を担当。 距離を感じやすいテーマだからこそ、読者の方に寄り添えるライターとしての強みを生かして、読みやすく分かりやすい記事作成に努めます!
ココナラを詳しく見る