生産・調達の相談

製品の生産やOEMの相談はこちら。ファッションや小売のOEMの相談が人気です。どのように進めればよいのか、生産工程に問題はないかなど、これから製品を生産していこうと考えている方は、まずココナラで専門家に相談してみてください。その他、海外の生産工場事情や中国からの個人輸入に関する質問なども可能です。

166 件中 1 - 40 件表示
166 件中 1 - 40

ココナラのメリット

POINT 1
比較してお得
比較してお得

200種類以上のカテゴリーから豊富なサービスを簡単に比較検討できます。細かな提供方法から評価まであらゆる情報を元にお得に利用できます。

POINT 2
オンラインで完結
オンラインで完結

サービス提供はすべてオンライン上で行います。時間や場所を気にせず、テキスト、ビデオチャット、電話、コンテンツと幅広く取引が可能です。

POINT 3
安心・安全
安心・安全

購入・販売の際のお金のやりとりはココナラが仲介するので安全です。365日運営でのサポートも行っております。

生産・調達の相談の評価・感想

2021-03-10 11:25:31
aguichant_beau
by aguichant_beau
本日はありがとうございました。 物腰の柔らかい方でとても印象が良かったです。 基礎知識から企画、原価の見方、卸先など 詳しく教えて頂き、内容がぎっしり詰まった1時間でした。 またお願いしたいと思います。 自社ブランドジュエリー制作に一歩近づく事が出来ました。ありがとうございました。
2021-02-13 23:40:27
rieko0126
by rieko0126
この度は大変お世話になりました。 追加・変更の際にもとても迅速、丁寧に対応して頂きました。 また、仕上がりもイメージ通りのものとなりました。 次の行程に進む際にはまたお願いしたいと思います。 ありがとうございました。
2021-01-26 14:05:30
女性
by 女性
明確に困っていることがまだわかっておらず、何を質問したらいいかも迷いながらの購入でした。もう少し、明確に質問したいことをお持ちの方はもっと深く相談できたのかなと思います。私の見えていないもの、見方を与えてくださいました。ありがとうございました。
2020-11-09 20:32:21
hikari693
by hikari693
とてもご丁寧にわかりやすく伝えてくださいました。 今後使っていける業者さんもご紹介していただき、これからにとてもワクワクしています。 今回はほんとうにありがとうございました。 またぜひ機会あればよろしくお願いいたします。
2020-11-04 11:00:10
男性
by 男性
質問に対するご回答がとても早い上に、抜群のクオリティでした。 専門的で難しい事も、図も交えて分かりやすく教えてくださいました。 こちらの考えが至っていない所までしっかり製品に反映してくださりありがたかったです。 また壁にぶつかった時には、リピート購入させていただきます。この度はありがとうございました。

生産・調達の相談カテゴリの概要

製品の売上が主な収入となる企業にとって、生産効率を支える調達部門はまさに「生命線」といえます。生産に必要な資材を現実として調達することはもちろん、仕入先の選定や仕入価格の交渉、それらを加味した上での継続的な安定供給がなくては製品を生産することができないからです。

近年、あらゆる業界で製品のライフサイクルは短くなり、発売後かなり早い段階で競合との価格競争が始まり、原価である調達予算を削減する流れになります。またそのための海外調達の増加がもたらすのは、調達リードタイムの長期化です。このように調達部門が担う安定供給は常に危険にさらされているといえます。

それでも調達部門は、なんとかして安定供給を維持しなくてはなりません。そのためには、業界における資材の質や価格状況や想定されるリードタイムの情報を把握するといった、調達マネジメントのノウハウが必要です。ノウハウは業界や製品によって違いがありますが、同じ業界の現役経験者の情報なら大いに参考になるでしょう。

ココナラには生産・調達に関するプロが多数出品しています。希望の条件や業界などの出品者がいれば、貴重な情報やノウハウを手に入れることができます。

生産・調達の相談をココナラで依頼するメリット

生産・調達についてココナラで相談するメリットは、大きく分けて2つあります。

1つは「個別に必要な情報が得られる」こと、もう1つは「尋ねたいことがその道の専門家に直接尋ねることができる」ことです。

例えばご当地ラーメンのような「限定商品の販売元」や、意外に難しいとされる「接着剤・接着技術」の相談といったような具体的な出品から、豊かなバイヤー経験とスキルを持つ出品者が「調達業務の悩みを聞く」といった用途の幅の広い出品まで多種多様です。まさにこちらが必要としている情報が出品されている可能性があります。

他にも、資材の大きな調達元である「中国などアジア各国」からの調達取引の情報やノウハウ、企業の製造技術を生かしたり業績や今後の業態変更にすぐに活用できたりするような出品もあります。製造業や飲食業では常に求められる、新しく質の高い情報や相談ができるのです。

調達部門にとっては、一定の品質の資材をどれくらいの数量、価格で、どれくらいのリードタイムがあれば調達できるかという詳しい情報が重要ですが、その分野に精通している出品者に相談すればアドバイスをもらえることができます。

調達マネジメントで生産と経営をスムーズに

生産や調達についての役立つ情報やノウハウを得るには、まずこちら側の調達の現状をきちんと把握し評価しておく必要があります。どこに問題があるのか、どのように改善できるかなど、相談前にできる方法はできるだけ試すのもよいでしょう。ただ、把握すべきは「資材の質」「コスト」「リードタイム」であると言ってよいでしょう。

資材の質にまつわる課題は、現在の仕入先の技術レベルや、使っている材料、もっと優れた資材を提供できる仕入先の調査などが考えられます。インターネットの公式サイトなどを参考に個別に連絡し、サンプルなどを取り寄せるなど積極的に改善に取り組む姿勢が大切です。また、より根本的に「代替資材」についても併せて検討するとよいでしょう。

資材の質は、「コスト」と切り離せない問題でもあります。新たな資材探しではコストも一緒に調査しますが、そのとき「発注単位」別の見積もりを取るなど、バイイングパワーの威力も測りましょう。単位によっては譲歩、交渉の可能性が見えてくることがあり、業績アップにつながる改善になるかもしれません。

材料や工程を抜本的に変える「代替資材」では、これまでとはまったく違う「リードタイム」を想定する必要があります。生産数や発注単位にも関わりますから、生産計画や現場、変更に伴うコストの増減も正確に加味して検討しましょう。

生産・調達の相談依頼時のポイント、コツ

ココナラでは多数のサービスが出品されています。 生産・調達の相談ジャンルに絞っても種類や件数はやはり多く、効率よく検討するにはまずこちらの求める情報や方法をある程度絞り込んでおくとピックアップしやすくなるはずです。

同じような出品に見えても、出品者が違えばスキルも経歴も違います。当然得られる情報やノウハウも異なりますから、選ぶときは「詳細」を必ず確認しましょう。

また、調達にまつわるどのレベルを求めているかも重要です。「ある資材の仕入れ先を紹介して欲しい」のか、業態を新たに導入するための「総合的な運営ノウハウと準備の手順が知りたい」のかできるだけ具体的に書き出すとうまく整理できます。

依頼者側の具体的な課題をまとめるときは、現状をパターンごとに共通した項目を分けるとよいでしょう。それぞれ項目で比較できるので、隠れた課題も見つけやすくなります。またそのときの生産現場の声を控えておくのも重要です。併せて現場に隠れたデメリット改善できるチャンスととらえましょう。

閉じる