賃貸住宅のネット回線ってどうやって確認するの!?~ネットの回線は事前工事が必要~

記事
ライフスタイル
自身でもブログやっておりますが、せっかくなのでこちらにも同じ内容載せています。
是非参考にして見て下さい♪
自身のブログでは、関連記事等も記載しており、複数に分けて記事を書いております。
ここでは、関連記事のリンクを行っておりませんので、ご了承いただければと思います。

どーも、ponchaです('ω')

コロナの影響でお部屋探しも大きく変化が出てきました。

在宅勤務が増えたことでネット環境が整っているお部屋を探すお客さんが増えてきました。

今回は、賃貸住宅のネット環境や無料のネット回線はどうなのかについてご紹介したいと思います。

お部屋探しのご相談などあればお気軽にお問い合わせください。

不動産会社ではお話ししてくれない裏の情報などもお教えいたします。
リフォームや新築などご不明点やわからない箇所がわからないなど初歩的なところからプロの方までご相談乗ります。

本当にそのリフォーム内容が正しいのか第3者の目によるアドバイス致します。

気になることがある方はお気兼ねなく、お問い合わせフォーム、LINEよりお問い合わせください!

賃貸住宅でネット回線ってどうやって確認するの!?


スマートフォンやwifi、SNSが普及しネット社会が確立したあたりから、ネット環境と住空間を紐づける関係が強くなりました。

それをいち早くその流れを感じ取ったオーナーさんや大家さんは、建物を新築するタイミングでネット環境が整っている設計を依頼するようになってきました。

今ではほとんどの方がスマートフォンを持っているためネット環境に困ることが少ないかと思いますが、自宅でパソコンを使用する場合、パソコンにネットをつながなくてはいけません。

皆さん意外と知らないのが、自宅でパソコンにネットをつなぐにはどうすればよいか?ということです。

会社だとパソコンにネット回線のジャックをつないだらすぐにネットが使えるようになっていますが、自宅ではそもそもそのネット回線がどうなっているのか理解している人が意外と少ないということです。

ネット回線は、プロバイダーと契約をすればよいだけではない


勘違いしてはいけないのですが、ネット回線をつなぐ場合

『要は、フレッツ光やNURO、Jcomなどと契約をすればいいんでしょ?』

と思っているかと思いますが、そもそも建物内にネット回線の配線が通っていないと契約自体できないということです。

後ほどご説明しますが、まず建物内にネット回線の配線が通っているかを確認する必要があります。

建物によっては、フレッツ光が入っている場合もあれば、Jcomの回線が入っている場合があります。

代表的なプロバイダーであるフレッツ光やJcomに関しては、それぞれのホームページで開通している建物検索ができます。

そこで、自身の建物の住所を入力すると回線が開通しているか確認することができます。

ネットが開通されていれば契約をすれば使用可能!


建物を検索をした際に、自身の建物が該当していれば建物内に回線が開通しているということになります。

そのため、回線が開通しているプロバイダーと契約をすればネットが使えるようになります。

ただここで注意が必要です。

契約をした後に工事が必要なお部屋と、必要の無い部屋があるということ。

これは、前入居者さんが同じようにプロバイダーと契約をして、お部屋内でネットが使用できるように工事をしていた場合に関しては、工事の必要が無くネットがすぐ使えるようになります。

ただ、まだ工事等行っていない場合は、契約後工事の日程を決めてネットが使用できるように工事をしてもらう必要があります。

入っているネットの種類によって工事にかかる時間は変わってしまうのですが、大体1時間程度あれば完了できます。

新しく入居しているお部屋がすでに工事が完了しているかどうなっている、オーナーさんや大家さん、管理会社が全て把握しているわけではないので注意が必要です。

開通している建物に該当しない場合はどうなるのか!?


では、フレッツ光やJcomといったネット回線が建物内に開通されていない場合どうなるのか。

この場合は、おおもとである回線を建物まで引き込み自身の部屋まで回線を引っ張ってくる必要があります。

おおもとの回線というのは、わかりやすく言うと電信柱にある電線になります。

普段使用している電気以外にもいろんな電線があり、その中にネットの回線があります。

そのため、自身が使用したい回線が近くを通っていないとなると、引き込みが不可となります。

また、高層階になってくると配線が届かなかったり消防法に引っかかってしまい、引き込み不可となります。

そのため、ネット回線の状態については、必ず事前に確認しておきましょう。

入居してからこの建物にはこの回線は引き込むことができませんといったトラブルは、最近特に増えてきています。

注意した方がよいですね。

ネット回線は、新築時にすでに設計されている


そもそも、ネット回線については、新築の段階ですでに部屋全体に開通できるように設計しておく必要があります。

ここ近年建てられた建物については、ほとんどが何かしらのネット回線が使用できるような環境になっています。

ただ、昔からある建物の場合は、そういった回線が設計されていなかったりします。

そうなると建物所有者であるオーナーや大家さんがどこかのタイミングでネット回線を引き込む工事を行わないと、入居者さん各々でネットの回線を引き込む必要が出てきます。

ちなみに、新築時にネットの回線を設計する必要があるというのは、回線を通すためのケーブルを躯体や壁の中に事前に通しているからなんです。

そうしなければ、外部から引き込んだネットの配線をお部屋の中に通すことができないからです。

建物の外にある電線を部屋の中に入れるためには、壁をぶち抜いて通さないといけなくなるからです。

フレッツ光やJcomなどは昔からある回線なので引き込まれていることが多いのですが、NUROについては比較的新しい回線となるので外部から部屋の中に直接引き込む必要があります。

もちろん、壁をぶち抜くことはできませんので、エアコンのスリーブと言われる貫通孔を使用して配線を通します。

ただ、配線を通す際に、配線が切れたり引っかけないように外壁に、配線を固定をするのですが、固定用の金具を取り付けるため外壁に穴をあけたなどで一時期、大変問題になりました。

まあ、マンションの外壁といえどあくまでオーナーや大家さんの所有物ですから、許可なく穴なんかあけたら怒りますよね。

今では、事前に承諾書をもらう、固定する際は外壁に傷がつかないような方法で行うといった対策を取っています。

現在ではwifiが建物内に導入されている


今お話をしたように、事前に建物内に配線が通っていればいいのですが通っていない場合、新しく配線を通すための工事は大変手間がかかります。

また、電線や建物の構造上でネットの回線などを根本的に引き込むことができない場合があります。

そのため現在では、wifiを導入し入居者さんは、入居後にパスワードを入力したら無料でネットが使用できるような建物が大変増えてきました。

wifiは、無線でのネット回線になるので、共用部分などに機械をセットするだけで電波を飛ばすことができるので導入しやすいツールです。

ただ、建物にもとから入っている無料wifiは、部屋ごとに区切られているわけではなくフロアもしくは、エリアで分けられているので、入居者さんみんなが使用すると正直使い物にならないぐらい遅くなってしまいます。

賃貸住宅に導入されている無料のネットについては、別記事にてご紹介したいと思います。

まとめ


いかがでしょうか?

最近では、お部屋を探すうえでネット環境が整っていることがほぼほぼ大前提になってきています。

オーナーさんや大家さんも、そういったニーズを察知して無料でのネット環境を導入して付加価値をつけようとしています。

ただ、今はネット環境があるのは当たり前であり速度がどのくらいなのかといった質問が増えてきています。

お部屋探しのご相談などあればお気軽にお問い合わせください。

不動産会社ではお話ししてくれない裏の情報などもお教えいたします。
リフォームや新築などご不明点やわからない箇所がわからないなど初歩的なところからプロの方までご相談乗ります。

本当にそのリフォーム内容が正しいのか第3者の目によるアドバイス致します。

気になることがある方はお気兼ねなく、お問い合わせフォーム、LINEよりお問い合わせください!


ではでは(‘ω’)ノ
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す