自分を嫌いになったら、読みたいお話。

記事
占い
こんにちは、夢子です。
ココナラにブログ機能がついたのですね✨


せっかくですので
今日は、自分自身を受け容れることについてお話したいなと思います。


自分を受け容れる、という感覚を持ててないまま、
天命、人生の目的、大好きなことをやって生きようとすると、必ずズレていきます。


なぜなら、受け入れられない状態のとき、
ひとは不足感が強くなります。
(不安、恐れ、自己否定、自己不信など)

その不足感を原動力に動いてしまう
=やりたいこととは違うことをやってしまう

ため、迷いが増えるからです。



とはいえ、

私も、ついつい「こんな自分、嫌いだ、いやだ」と思ってしまうことがあります。


自分に厳しい人だと…

例えば、

「休日にお昼まで寝てしまって、時間がもったいなかったな…」

というとき。


寝てしまったことを後悔して、自分はダメだなぁ、と否定してしまったり…

焦りを感じて罪悪感を感じてしまったり…

そういう方もいらっしゃると思います。


こんな風に、ほんとにちょっとしたことなんだけど


「自分が許せない」
「自分が嫌いだ」
「自分はダメなやつなんだ」


と自分に対して罰する癖がついてしまうと…


がんばっているときの自分はOKだけれど、

がんばれてないときはダメ、NG。


と自分を裁き、
常にジャッジメントするようになってしまいます。



このジャッジが強いと…とても生きづらくなります。


本当は、べつにお昼まで寝ていても、

「今日はゆっくり休めてよかったなぁ」

と自分にやさしくしてあげていいはずなんです。


たとえ、

「うーん、ちょっと寝すぎちゃったかな」
と一瞬感じたとしても、


「まぁ、いっか♬ さ、何しよっかな〜♬」

となれるか、なれないか、が見極めポイントです。


いいときも、わるいときも、
好きな自分も、嫌いな自分も、
いいことをしてる自分も、ちょっとずるい自分も、
自信のある自分も、おどおどする自分も、

ぜーんぶ、自分自身。

それでいいよ、大丈夫。

と、許し受け入れてあげること…。



失敗したとき、人に迷惑をかけてしまったとき、

私たちは罪悪感に苛まれることもありますよね。


私も、申し訳ない、自分が悪い、という気持ちが強めなので、つい自分を責めがちだけど…

責めていてもいい

と感じるようにします。



嫌いな自分から目をそらすのではなくて、
真正面から受け止めてあげるんです。


自己受容、とよびますが…

どんな自分もすべて許し、受け容れる、

それができるのは、自分だけなのです。


恋人や家族にその役をやらせてはいけないんです。


許す感覚がわからない、、、という方は、

許せない自分を、許す。
自分が嫌いな自分を、許す。
自分を責める自分を、許す。

というふうに、

ハードルを下げて

自分を受け容れる、という意識を訓練してみてくださいね。


サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す