文章を集中して書くコツを8つのステップで解説

記事
小説
こんにちは、宗信です。



作家歴は6年ほどです。
8冊出版しています。

出版した本がAmazonランキング1位や

セブンネットランキング1位を取ったり

全国370箇所の書店に本が並んだりしています



毎日どうやって執筆するのか。

僕はとっても悩みました。


そして紆余曲折を得て

今の執筆スタイルに行きついているのです。

多い日で1万3000字ほど執筆しています。


1日で1万字執筆するための8ステップをこれから

解説していこうと思います。



目次
1、少し空腹にしておく
2、少し寒い程度の環境に
3、スマホの電源オフ
4、温かいコーヒーを1杯だけ用意
5、ノートに自分の夢や目標を書く
6、パソコンを充電し続ける
7、好きな音楽をリピート再生
8、音楽はイヤホンで聞く

1、少し空腹にしておく

お腹がいっぱいでは作業ができませんし、

何より眠くなります。

そのため、少し空腹にしておきます。


2、少し寒い程度の環境に

少し寒いぐらいの環境にしておきます。

そうすれば眠くなることも少ないですし、

体が冷えることで頭も冷えて

冷静でいることができます。


3、スマホの電源オフ

スマホの電源はオフにしましょう。

このとき緊急の対応は極力しないようにします。

まずは自分のやることに集中です。


4、温かいコーヒーを1杯だけ用意

ここでは好きな飲み物を1杯だけ用意します。

1杯だけです。作業が終わるまではおかわりはできないようにします。

僕は水の場合も多いです。


5、ノートに自分の夢や目標を書く

そしてノートになりたい自分、達成したい夢などを

書きましょう。ノートに書くことで集中できる環境、

なぜ自分がその仕事を取り組むのかが見えてきます。

徐々に集中モードになっていきます。


6、パソコンを充電し続ける

途中で作業が途切れないように

パソコンは充電し続けます。


7、好きな音楽をリピート再生

好きな音楽をひたすらリピートします。

リピートするのは作業に集中するためです。

文章に集中です。

そして好きな音楽を聞いてリラックスしましょう。

できれば前向きな歌詞の歌がいいですね。
8、音楽はイヤホンで聞く

音楽はイヤホンで聴くようにします。

そうすると余計な思考を省くことができます。

どういうことかと言いますと、

作業しているとその作業には関係のないことをついつい考えてしまいます。

しかし、イヤホンで音楽を聴くことで、歌に意識がそれるので

余計なことは考えずにすみます。



自分なりの方法を見つけよう


上記のとおりで、

これで僕は作家人生を送っています。

もちろん

「お前だからできただけだろう」と言われたらそれまでですが、

自分なりの集中方法を見つけることが作家になるための第一歩ですよ。


日々模索しましょう。



最近はツイッターでひたすら呟いてます。

幸せな生き方、自由な働き方、考え方を中心に呟きます。

よかったらフォローしてね。



サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す