変える、修正するのではなく、新しい自分を加える

記事
コラム
「大切なことは、感情に気づく力を養い 
怒りや不安、焦りを感じる時はどういう時か 
見つめられるようにすることだ」 
自分の感情に気づく練習 の中で書いたことです。 
イライラ、ドキドキ、恥ずかしい、心配、焦る、怒る、嫌だ ・・・ 
こんなマイナス感情を自分で感じた時 
困るのは、この感情たちが暴走することです。 
イライラは相手を責めます。 
ドキドキは自分の無力を責めます。 
相手や人を責めても現実は変わりません。 
現実を変えるためには・・・ 
あきらめて、自分の感情を明らかにして、新しい行動を起こすことです。 
思い通りにならない自分を変えよう、修正しようとしないことです。 
変える、修正するのではなく、新しい自分を加えると思うことです。 
無理な仕事を言われて悩むなら 
「半分なら出来る」と自分から提案してみる。 
考えすぎて動けないなら 
「とりあえず・・・」で何かひとつ始める。 
心のざわつきを無くし、余裕を持たせることです。 
「バカにされてもいいや」「嫌われてもいいや」と思うことです。 
あきらめることです。 
なかなか出来ないことです。 
でも、相手はそれほどあなたのことを気にしていません。 
相手も自分のイライラやドキドキで手一杯です。 
まずは、これで現実を乗り切ります。 
そして、次にすべきことは・・・ 
同じマイナスの感情を生み出している 
自分の心のくせや意味づけに気づくことです。 

サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す