「ありがとう」の続け方(ズボラ編)

記事
占い
こんばんは!ちょい丸です😄

「ありがとう」を100万回言うと奇跡が起きるという話を聞いた事はありませんか?

「ありがとう」と言い続けると細胞がキレイになり、「ばかやろう」と言い続けると細胞はボロボロになるので、
細胞がキレイになれば潜在意識に願いも届きやすくなり幸せになるという仕組みです。

私もこれを何度も挑戦しましたが、3日坊主でめんどくさがり屋なのですぐに忘れてやらなくなっていました(笑)

でもちょっといい所は「どうやったら三日坊主でも続けられるか?」と考え続ける所です!

なぜ「ありがとう」が続かないかというと、やってみた事のある方は分かると思いますが、
たくさん言いたいので早口になる人が多いのではないかなと思います。

早口になると息継ぎしにくくて苦しくなるし、口が乾くし、「ありがとう」がゲシュタルト崩壊してくるし、
滑舌がよくない方だと上手く言えずにイライラしてくるからです。

そこで私が考えたのは歌にしてしまえばいい!という事です\(^o^)/

これでずっとありがとうを続けられています。

車によく乗る方か家に一人でいてよく音楽を聴く方ならやりやすいと思います。

歌詞を全部「ありがとう」に替えて、替え歌のように口ずさむだけです!

絶対的なありがとうの回数は早口のほうが多いですが、
続ける事ができれば最終的な回数は「ありがとう替え歌」のほうが多くなるはずです。

ただ「ありがとう替え歌」だと語呂が悪くなって
「ありがとう」じゃなく「ありと」になってしまう事があってそれがイライラしてしまうかもしれません。

その場合はメロディーじゃなくリズムを「ありがとう」にしてしまいます。
4拍子の曲が多いので「ありがと、ありがと、ありがと」ならいけるかと思います。
たまにリズムを変えても続けやすいですよ~!

やってみると始めはめんどくさいと思うかもしれませんが、口ずさみ出すと自動的に口ずさんでる事に気づきます^^

あと「ありがとう」が続かない原因として、
小林正観さんのお話で一度でもネガティブな言葉を言ってしまったら今までたくさん言っていた
「ありがとう」のカウントが全てリセットされて0になる。
という言葉を目にして一気にやる気が無くなるからというのもあるのではないでしょうか😨

私はこのお話に少し疑問を抱きました><

確かに俗世間から離れてお寺に住んでいる人なら別ですが、
一般的には会社に行って色んな人と一緒に仕事をしたり、
家族と住んでいれば家族と会話し、友達とご飯に行き、電車に乗ったら色んな人が車内にいます。

そんな中でたとえ自分からは発しなくてもネガティブな言葉をどうしても耳にしてしまうのではないでしょうか…

「ありがとう」も「ばかやろう」も自分の口から発してそれを耳から取り入れるので二重で影響があります。

耳から取り入れるだけでも細胞に影響はあります。

小林正観さんのお話が本当なら世界中のほとんどの人が耳からネガティブな言葉を聞き細胞が傷つく。

つまり「ありがとう」のカウントが0になるという事になってしまいます。

という事は世界中のほとんどの人が願いは叶わないし幸せになれないという事になってしまいます。

批判的な話になってしまいましたが批判したいのではなく、
それでも願いを叶えてる人はいるし幸せな人だってたくさんいます😊

だから一度でもネガティブな言葉を発してしまったり聞いてしまう事を恐れすぎなくていいのではないかな~と考えているのです。

一度でもネガティブな言葉を発してしまう事や触れてしまう事を恐れずにネガティブな言葉の割合をできる限り減らす。

これなら可能だと思いませんか?

カウントも一気に0になるのではなく、ネガティブな言葉を発したり触れたりするたび減点されるほうが近いように経験上感じます。

私も「ムカつく!」「疲れた」とか普通に言いますが、
「ありがとう」を続けているおかげか引き寄せノートに書いた事が叶ったり、今幸せで楽しく生活できています。

「ありがとう」を続けるには音楽に合わせて口ずさんで楽しみながら実践する事と
ネガティブな言葉を必要以上に恐れすぎない事。

これでかなり続けやすくなるのではないかなあと思います^^


最後に少しだけ宣伝。
ズボラさんでも続けやすい引き寄せノートの書き方を販売してます!
ワンコインなので覗いてみてください♪


サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す