ココナラ~学び⑤⭐オオカミ少年の最後

記事
学び
こんにちは東です

今日は、ちょっと怖い
童話の話に触れてみようと思います\(^o^)/


皆さんは
「オオカミ少年」の童話って知っていますか?


あんまり覚えていない人のために
簡単にあらすじを書くと



ある嘘つき少年がいました


少年はいつも


「オオカミが出たぞー!!」


と嘘をついて村人を困らせていました。



少年は何度もこういう嘘を繰り返していました。


そんなある日

本物のオオカミが村にやってきました。


少年は村人に早く知らせようと


「オオカミが出たぞー!!」


と叫んで助けを求めましたが


村人はどうせ、また嘘だろうと思い
誰も助けに来てくれませんでした。


とうとうオオカミたちは少年を襲いはじめ
村人たちが気づいた時には
跡形もなくなっていましたとさ・・・。


っていう話です。



”オオカミ少年の最後は悲惨です。”



嘘をつき続けると、それを聞かされた人は
だんだん、その人の事を信じなくなります。



信頼って大事ですよね。



人間関係やビジネスで
”信頼”を落としてしまったら挽回するのは
1から作るよりも難しい。



嘘をついたって、何もいいことなんかないです。


だったら、最初からバカ正直でいたほうが
その素直さに人は心を動かされるかもしれないし
応援してくれるかもしれない。



ココナラでサービスを売るとき



嘘を書いたり、嘘の実績なんてすぐにバレる。
そして、いつか誰も信じてくれなくなる・・・。



その先に待っているのは
オオカミ少年と同じく




誰からも信じてもらえず
誰も助けてくれないという悲惨な末路・・・。




嘘は自分を守るため
嘘は自分を有利にするため




その思考は時に身を滅ぼします・・・。

⭐こちらの記事も参考になるかも?⭐



人から信頼されたり、人から好かれる人間であるほうが
何かと得することが多いような気がします(*^^*)


今日もバカ正直にできることをやろう!!!




⭐このブログがよかったら❤マークをポチって押してネ⭐
押してもらえると、とても励みになります(^o^)


⭐正直者は最後に勝つ!⭐
堂々とココナラ販売をやっていきたい方は
売れるための正攻法を
こっそり人数限定で教えます\(^o^)/

●東貴之ってこんな人

●次のブログ

サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す