科学的に介護を考え 導入された【 CHASE 】とは?

告知
コラム
厚生労働省では団塊の世代が75歳以上となる2025年を目標に、高齢者が自分らしく地域で暮らせるよう検討が繰り返されてきました。








中でも「科学的裏付けに基づく介護に係る検討会」では、介護サービスの需要が増えると予測される為、介護に関するサービス・状態を収集するデータベース【 CHASE 】の本格運用が始まっています。






いったい【CHASE】とはなんなのでしょうか。







このコラムではCHASEが介護業界にどう影響するのかを見てい来ながら、介護報酬改定から本格実施となる科学的介護の内容について見ていきます。










ココナラで
【起業支援サービス】
【悩み相談サービス】
を行うケアマネジャーのトシヨです
❤️❤️今回は介護が今後どうなるかの始まりの、お話しです❤️❤️
AdobeStock_403973087.jpeg






           ↓トシヨの詳細はこちら٩(๑❛ᴗ❛๑)۶






            嫌だよ〜〜
            難しいはなしは

cat3_cry.png





              科学的介護とは?




介護業界のために厚生労働省が目標としている「科学的介護」とは、介護サービスを利用する利用者の自立支援や重度化防止が目標です。







介護の現場から集めた利用者情報を国が管理するデータベースに蓄積し分析、その分析した結果を介護現場にフィードバックして、利用者に合った介護サービスに変えることが科学的介護となります。

AdobeStock_126431979.jpeg

医療・看護分野では、科学的裏付けのある根拠に基づく医療などがされています。







今後は介護業界でも根拠に基づいた介護サービスを行い、介護サービスの質を高めて、医療・介護が連携することでより良くさせていくのです。













介護業界のデータベースには、リハビリテーション事業所で利用する
【 VISIT 】があります。
【 VISIT 】は
【 monitoring & eValuation for rehabIlitation ServIces for long-Term care 】の大文字部分を略した通称です。


これを介護業界でどのように用いるのでしょうか。







            あ〜〜ダメだ
            眠たくなってきた〜〜
cat3_cry.png






           介護のデーターを何に使うのか?





介護の事業所などから要介護認定情報や介護レセプトなどが集められ、VISITではリハビリテーション事業所から、リハビリテーション計画書などが集められています。
VISITで情報提出した事業所などへは加算がされています。








他に集めているデータベースがCHASEで
CHASEとは、一体なんなのでしょうか。



LIFEの今後の流れは?



厚生労働省はVISITやCHASEを運用するにあたって、この2つを「科学的介護情報システム LIFE(ライフ・Long-term care Information system For Evidence)」という名称にします。
事業者などに対して、科学的な介護への取り組みを紹介します。









運用が始まっている VISITにおいては2019年3月末時点で577事業所が参加していますが、リハビリテーション事業所の数はまだ少ないため、より多くの事業所に参加を目標としています。











             もう、よしてくれ
             聞きたくない
             ダメダメ
cat3_cry.png






加算によって事業所など増収になることが考えられるので、職員の意欲にもつながります。
これからは簡単に負担なくデータが使える事で、介護業界のサービスが効率良くなりそうです。










VISITやCHASEは任意提出ですがデータを出すと、事業所に加算がつくので、その事業所が質の高いサービスをしている事になります。 





            優しくお話しを
            お聞きします
            ケアマネジャーのトシヨです
            詳細はこちら↓







            じゃまたね  👋(๑❛ᴗ❛๑)۶