職場でひどい言葉に傷ついたあなたに伝えたい

記事
コラム
あなたに浴びせられたコトバたち

それは


『あなたを

    傷つけようとは

    していないかもしれない』


でも

そのコトバたちが

茨の棘となって

あなたのココロに

突き刺さる


グサッ


今日も一日

何本もの棘に

耐え抜いて


あなたは

やっとホッとできる

我が家へ

帰路につく


だがそれも

まるで一瞬のように

時は過ぎ去り


またあなたは

茨の棘が待ち受ける

険しきジャングル(職場など)

へと

出発を余儀なくされる


今日明日の

食い扶持のために


家族の生活と

数十年の人生のために


まだ見えぬ

フリーランスな生き方へと

踏み出せない日々のために…


あぁ


なぜ世界は

なぜ社会は

なぜ人が集まる場所には


『人のココロを

    踏みにじるコトバを

    平気で発する人間が

    いるのだろうか』


どうやら

そのコトバを投げかけている本人

には

その自覚がないらしい


まるで

空気を吸うかのように

挨拶でもするかのように

ネガティブなコトバを

浴びせてくる


そのコトバで

こちらが

どれだけ

その茨の棘に

傷ついているのか

想像すらしていないのだろう




それは

おかしいよ

ぜったいに




わたしは

そんな世界は

異常だと

思っています


それが

まかり通ってきた社会に

強い強い

違和感を

感じています


1人1人のココロを

大切に

労ることが

二の次にされていく社会なんて

まっぴらごめんだ


だから

わたしは

祈ります


この苦しみと哀しみに

日々

耐え続けている

同士のみなさんへ


もうすぐ

こんな時代は

終わりを迎える


闇がいつまでも

跋扈していいわけがない


あなたが

辛い日々があったら

どうか

そんな辛い気持ちが

そんな辛いココロが

少しでも安らげるように

祈ります


必ず

あなたの人生に

そんなコトバたちに

貶されることがない未来


待っていることを


あなたを

ココロから

応援しています
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す