支店長によって融資審査がガラリと変わるのか?銀行対策を解説!

記事
ビジネス・マーケティング
銀行や信金の支店長は、絶対的な権限を持っていて、
融資審査まで、ガラリと変えることができるのでしょうか?

どんな支店長になっても、
何も影響のない融資先もあるのですか?

今回のブログは、そんな疑問について、解説するものです。

ブログを購読していただき、ありがとうございます。
元銀行融資審査役職者で、中小企業や個人事業主さんが、
銀行対策をして、スムーズに融資を受けるために、
初心者にも分かりやすく、アドバイスをしている、
銀行対策.comの渕本です。

銀行や信金では、ひとつの支店で、
長期間勤務させることは、避けています。

これは、顧客との癒着や不正を
防止するためでもあります。

なかでも、支店長は、2年とか、3年で交代しますね。

ネットで、よくある情報で。。。
『 支店長が交代すると、違う銀行になったように、融資審査が変わる 』
というものが、あります。

銀行や信金では、支店がひとつの会社のように、
独立採算制であることが多いのです。

そのため、支店長は、社長のようなもので、
絶対的な権限を握っているように、
思われています。

本当に、支店長は絶対的な権限を持っていて、
融資審査をガラリと変えられるのでしょうか?

本当に、支店長が交代すると、
融資審査が変わるのでしょうか!?

【 今回のブログで、得られる効果 】

銀行内部の事情や銀行員の本音が理解でき、
どんな支店長になっても、スムーズにお金を借りるために、
役立ちます。

【 目次 】

1.支店長にも、そのキャリアや性格によって、違いはあります!

2.支店長が、融資審査をガラリと変えられるのでしょうか?

3.支店長が交代しても、何も影響のない融資先になる方法とは?

4.今回のブログでのポイント
この続きは購入すると読めるようになります。
残り:3,138文字
支店長によって融資審査がガラリと変わ... 記事
ビジネス・マーケティング
500円
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す