【よくあるご質問】動画用イラスト(一枚絵・立ち絵など)の描き方について

記事
デザイン・イラスト
初めまして。ココナラで動画制作の出品をしております、イマッチと申します。
ここ最近では、有難いことにアニメーション系の動画(MV、PVなど)を作らせていただく機会が増え、動画用のイラストはどのように準備をしたらよいのか、ご質問を頂くことが多くなりました。

極端にお答えしますと、どのような形式のイラストからでも動画制作は可能でございます。
しかしながら、「このような描き方をしていただけると、より完成度の高い動画が出来上がりやすくなる」という基準がございますので、イラスト制作にあたってのご参考になればと思い、記事を書かせていただきました。

主に「絵師様に動画用イラストを依頼しようと考えている発注者様」や「動画用イラストの依頼を請ける絵師様」に参考にしていただきたい内容となっておりますので、是非ご一読いただければ幸いです。

【1】ファイル形式

動画用イラストのファイル形式(拡張子)は、透過PNG(.png)またはレイヤー情報入りの(全てのレイヤーを結合していない)PSD(.psd)でご入稿いただくのが理想的です。
JPG(.jpg)も使用可能ではありますが、透過情報を保存できないうえ、画質も多少劣化してしまいますので、できれば避けてください。

●映像制作ソフト「After Effects」の作業画面です。各レイヤー毎に分けて書き出した透過PNGはもちろん、PSDファイルのレイヤー構造をそのまま読み込んで編集することも可能です。
編集画面(AE).png

●映像制作ソフト「AviUtl」の作業画面です。「After Effects」とは異なり、特殊なプラグインを使用しないとPSDファイルを読み込むことができないので、「AviUtl」ではPNGで作業することが多いです。
編集画面(AviUtl).png


【2】一枚絵のレイヤー分け

一枚絵を動画の素材にする場合は、背景・小物・人物(キャラクター)のレイヤーを分けて描いていただくのがおすすめです。

<完成イラスト>
動画イラスト(1).png
絵:よもひろ様
<レイヤー1>背景
動画イラスト(4).png
<レイヤー2>小物
動画イラスト(3).png
<レイヤー3>小物
動画イラスト(2).png
<レイヤー4>人物(キャラクター)
動画イラスト(5).png
<レイヤー5>人物(キャラクター)表情差分
動画イラスト(6).png
<完成動画>
こちらの動画では、上記のように一枚絵のレイヤーを分けて描いていただいたことで、
・キャラクターなし(夜空のみ)のカットを挿入する(00:00 - 00:25)
・陰のエフェクトを加えて、キャラクターをぼんやりと登場させる(00:25 - 00:50)
・遠近感(奥行き)のあるカメラワークを用いる
・キャラクターやオーロラをゆっくりと動かす
・歌詞に合わせてキャラクターの表情を変える(01:18 - 01:28)
・背景に流れ星を追加する(01:40 - 01:55)
などの編集ができるようになりました。

背景は「小物や人物で隠れている部分」まで描いていただくことで、このように表現のバリエーションを増やすことができます。

【3】一枚絵のキャンバスサイズ

一枚絵のキャンバスサイズは、基本的に動画のサイズ(幅1920px、高さ1080px)よりも1~2倍以上大きく描いていただくのが理想的です。
大体の目安としまして、「幅3840px、高さ2160px」くらいのサイズで作成していただけますと、高画質な動画に仕上げることができます。

解像度(dpi)は動画の画質に影響しませんので、任意の数値に設定してください。(72dpiでも、144dpiでも、300dpiでも動画の画質は変化しません。)デジタル画像サイズ(px=ピクセル)が大きいほど、高画質な動画に仕上げることができます。

●「カメラワークがない」動画の場合
以下に引用させていただく2本のような、「カメラを動かさない」(画面を上下左右に動かしたり、絵をアップで映したりしない)動画の制作を予定している場合は、一枚絵は動画の画面比率と同じ縦横比「横16:縦9」のキャンバスサイズ(例:1920×1080px、2560×1440px、3840×2160px)で作成してください。
*一枚絵が1920×1080pxを超えるサイズの場合は、1920×1080pxに縮小(リサイズ)されます。
*一枚絵の縦横比が「横16:縦9」以外の場合は、絵の上下や左右がトリミングされます。
●「カメラワークがある」動画の場合
以下2本のような「カメラを動かす」動画の場合は、一枚のイラストを上下左右に動かしたり、アップで映したりすることが多くあります。
​その際、サイズの小さいイラストでは思うように動きを付けられなかったり、拡大時にモザイクがかかったように画質が悪くなってしまいます。
そのため、「カメラを動かす」動画用の一枚絵はとりわけ、幅と高さに余裕のある大きいサイズ(幅1920px、高さ1080pxの1~2倍以上で描いていただけると大変助かります。
また、動画の画面比率は原則「横16:縦9」になりますが、一枚絵自体の縦横比は必ずしも「横16:縦9」でなくても大丈夫です。正方形(例:3000×3000px)や縦長(例:2500×3500px)のイラストでも問題ございません。

カメラワークのある動画を制作する場合は、一枚絵の「縦横比」よりも「サイズ」と「描画範囲」が大切になります。大きいサイズかつ、キャラクターや背景の描画範囲が広い(引きの構図である)ほど、カメラワークのバリエーションを増やしやすいので、映像の完成度を高めることができます。
(少なくとも、キャラクターの頭頂部が切れない描画範囲にしていただけますと、カメラを動かしやすくなり大変助かります。)

こちらの動画用イラストは「幅1920px、高さ1440px」で作成していただきました。
動画イラスト(8).png
絵:蜂蜜ハニィ様
<完成動画>
こちらの動画用イラストは全て「幅3000px、高さ3000px」で作成していただきました。
イラスト4.png

ReSet【A】.png

ReSet【B】.png

ReSet【C】.png

ReSet【D】.png

ReSet【E】.png
絵:よもひろ様
<完成動画>

【4】一枚絵のエフェクト

「縁取り」「ドロップシャドウ」「ぼかし」「色収差(色ずれ)」「ノイズ」「モーションブラー(残像)」「フレア」等のエフェクトや「雨」「雪」は、動画制作の段階で追加できますので、一枚絵を仕上げる段階では加えなくても大丈夫です。
一枚絵を仕上げる段階で上記のようなエフェクトを加える場合は、キャラや背景とは別のレイヤーで作成し、レイヤーを結合せず保存してください。
(エフェクトのレイヤーが結合されていると、エフェクトがキャラや背景と一緒に動いてしまうので、キャラだけを個別に動かしたり、奥行きなどの表現ができないことがあります。)
PSDでご入稿いただく場合、エフェクトのレイヤーモードにつきましては、「加算」や「オーバーレイ」など、「通常」以外の設定で保存していただいても問題ございません。
PNGでご入稿いただく場合は、「エフェクトのかかっていないレイヤー」と「エフェクトのレイヤー」を分けた透過画像をご用意ください。(例えば、キャラクターに縁取りが掛かっている場合は、「縁の付いていないキャラクターのみの画像」と、「縁部分のみの画像」の2枚に分けてお送りください。)

【5】等身キャラ(立ち絵)とSDキャラのサイズ、描き方

等身キャラ(立ち絵)は長辺2000px以上(キャンバスサイズ)、SDキャラは長辺1000px以上(キャンバスサイズ)を目安に、なるべく大きいサイズで描いていただけますと、動画も高画質に仕上げることができます。
完成した立ち絵・SDキャラを書き出す際、ファイル形式はPNGPSDで、必ず背景は透過してください。

複数の立ち絵(またはSDキャラ)を作成する場合は、
・全ての立ち絵、差分のキャンバスサイズを統一して、
・立ち絵1枚、差分1枚ごとにファイルを分けて
ご入稿いただけますと大変ありがたいです。
(例えば、一番大きい立ち絵をキャンバスサイズ「幅1500px、高さ3000px」で作成した場合は、他の立ち絵や差分もキャンバスサイズ「幅1500px、高さ3000px」で作成し、立ち絵1枚・差分1枚ずつファイルを分けてご入稿ください。キャンバス内の余白が大きくなっても、トリミングはしないようにお願いします。)

●描画範囲について
動画でキャラの全身を映したい場合や、カメラワークのある動画を作りたい場合は、体の端(頭、髪の毛、手、足など)が途中で切れないように描いていただく必要があります。

×
動画用イラスト(7).png

動画用イラスト(8).png
絵:いらすとや様

例えばこちらの合唱動画では、左から3番目の立ち絵の上下(頭、足)が描かれていないため、不自然な見た目になってしまっています。
このような立ち絵を使用するタイプの合唱動画では、全てのキャラクターを全身、端まで切れないように描いていただくのがおすすめです。

●等身キャラ(立ち絵)の描き方について
複数の立ち絵それぞれに身長差をつけて描く場合(等身キャラ)は、全キャラクターの「キャンバスサイズ」と「頭の大きさ」を揃えて、背の高さや年齢に応じて「頭身」を変えて描くことで、映像内で立ち絵を横一列に並べた際に、適切な遠近感の画にすることができます。
*等身=人の身の丈と等しい高さ。
*頭身=「身長」と「頭部の長さ」との割合。身長が頭4つ分なら「4頭身」
一つの目安としまして、大人は6~8頭身、子供は4~7頭身くらいが適当です。身長の低いキャラクターほどキャンバス内の余白が大きくなると思いますが、全ての立ち絵のキャンバスサイズを統一してご入稿いただきたいので、トリミングはしないようにお願いします。
2.jpg
絵:無印かげひと様

*同一のキャンバスサイズでもキャラクターの「頭の大きさ」が違いすぎると、映像内で立ち絵を横一列に並べた際に、遠近感のおかしな画になってしまいます。
映像制作の段階でこのような状態から「正しい身長差」にリサイズするのは難しく、「身長設定160cmのキャラを170cmのキャラよりも大きく表示してしまう」ような編集ミスが起こる場合があります。
そのため、できる限り「頭の大きさ」を合わせて制作、ご入稿いただきますようお願いします。
1.jpg
絵:無印かげひと様

●SDキャラの描き方について
複数のキャラクターを2頭身や3頭身などのデフォルメキャラで描く場合(SDキャラ)も、「キャンバスサイズ」と「頭の大きさ」を揃えてください。
SDキャラは動画制作の工程で横一列に並べる際、身長がほぼ同じになります(すなわち、キャラクターの身長差をSDキャラで表現することはできません)。
3.png
絵:無印かげひと様

立ち絵は身長差をつけて描く場合(等身キャラ)でも、身長差のないデフォルメで描く場合(SDキャラ)でも、全て「キャンバスサイズ」と「頭の大きさ」を揃えて仕上げていただくようにお願いします。

【6】差分アニメーション

イラストの動かしたいパーツ(例えばキャラクターの目や口)の差分をご用意していただけますと、口パク、まばたき等のアニメーションを作ることができます。
その他にも、ポーズの差分で踊っているように見せたり、髪や服の差分で風になびいているように動かしたりなど、様々なアニメーション作成が可能です。

●「口閉じ」と「口開き」の差分で作成した、口パクの見本です。口パクの速さはセリフ・歌詞等の音に合わせて調整することができます。
マンガ動画(6).png

マンガ動画(7).png
絵:「学ラン男子立ち絵(怒) 」 / 羊毛種様(イラストAC)
●「目開き」と「目閉じ」の差分で作成した、まばたきの見本です。「中間」を2枚加えることで、動きをより細やかにしました。
1.png

2.png

3.png

4.png
絵:イマッチ

●髪の広がり方・体の縦軸の位置を若干ずらした差分2枚で、ぴょこぴょこと揺れる動きを作りました。
a.png
b.png
c.png
絵:イマッチ


【7】まとめ

動画用イラストを描く(もしくは、絵師様に描いていただく)際は、以下6点を参考にしながらご準備いただければ幸いでございます。
1. ファイル形式は透過PNGかPSDで
2. 一枚絵は背景・小物・人物・エフェクトのレイヤーを分け、背景は「小物や人物で隠れている部分」も描く
3. 一枚絵のキャンバスサイズ(px=ピクセル)はなるべく大きく、横長に
4. エフェクトはかけなくてもOK(かける場合はレイヤーを分ける)
5. 等身キャラ(立ち絵)・SDキャラの背景は必ず透過で、「描画範囲」「キャンバスサイズ」「頭の大きさ」「頭身」に注意
6. 差分を使用してアニメーション作成も可能

もし何かご不明な点がございましたら、DMよりお気軽にお問い合わせください。