Amazonでは新規出品と相乗り出品どっちがいいのか?

記事
マネー・副業
中国輸入ではAmazonで販売していくのが基本ですが、販売する際には主に新規出品と相乗り出品という二つの方法があります。
どちらの出品方法で販売していくか迷われる方もいるかと思いますので、二つの方法とメリットとデメリット、そしてどちらで出品していくべきか?を解説していきます。

まずは新規出品と相乗り出品の違いを理解しましょう。

相乗り出品というのは既にAmazon上に存在する販売ページに出品する方法です。
Amazonをみていると以下のような画面をなんとなく見たことがあるかもしれません。
note新規出品と相乗り出品.PNG

赤丸部分の新品(15)点という表記ですが、この意味はこちらの販売ページには15人の出品者がいますよという意味です。
新品(15)点というところをクリックすると以下の画面に飛びます。
note新規出品と相乗り出品2.PNG

赤丸部分には本当は出品者名が出ていてクリックするとその出品者の評価数や扱っている商品一覧が見れるんですが、ここでは一応消しておきます。
こんな感じで出品することを相乗り出品と呼んでいます。
続いて新規出品についてです。

新規出品というのは相乗りとは違って、別の販売ページを新しく作成して販売する方法です。
自分のオリジナルの販売ページを作成できるので自由度が増します。
新規出品については短いですが以上です。

新規出品と相乗り出品の違いについてはなんとなくイメージがつきましたでしょうか?
それでは、ここからはそれぞれのメリットとデメリットについて解説します。

■相乗り出品
・メリット:既に売れているページに乗っかって販売するためおおむねリサーチ時のデータ通りに売れていく。ページを自分で作成する手間がない。
・デメリット:他の出品者と同じページで販売するため、価格競争になりやすい。相乗り予定のページが相乗りできないように対策をしていた場合は出品停止リスクがある。元々、そのページを作成して販売している出品者から嫌がらせを受けることがある。

■新規出品
・メリット:独立したページになるため、価格競争が起きにくい。相乗り対策をすれば独占して販売が可能。0からページを作成し育てるため元のライバルページより更にたくさん売っていくことも可能。
・デメリット:ページ作成には手間がかかる。キーワード設定や画像など結構大変。商品ページを育てていく必要がある。ページが育つまではなかなか売れない。ページを育てるまで広告運用なども結構大変。

こうしてみると相乗り出品のほうが楽そうで参入障壁が低く感じると思いますが、私は新規出品をおすすめしています。
相乗り出品は出品停止やアカウント停止リスクがついてまわるし、価格も崩れやすく長く販売することができないケースが多いです。
新規出品はページを育てるまでは大変ですが、育ってしまえばあとは定期的に在庫補充するだけで半自動化状態で継続的に販売していくことができます。
新規出品で半自動化状態で販売できる商品を積み上げていくことで安定的に月収30万、50万、100万と稼げるようになっていくため将来的なことを考えると断然新規出品になります。

新規出品と相乗り出品のメリットとデメリットの解説は以上ですが、新規出品で販売していくべき!というのは理解できましたでしょうか。
もし今相乗り出品していて思うように結果がでていない方は新規出品に方向性を切り替えてみてくださいね。

新規出品をしていくことを理解した上で、リサーチ方法を学ぶとより理解が深まります。
リサーチ方法を学んだ後は、芋づる式にリサーチしていくためのライバルセラーリストがあるとリサーチ効率が良くなります。
ぜひ、ご検討ください♪
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す