【後日談4】確定申告のミス訂正【お金が戻ってくる/更生の申請】

記事
ビジネス・マーケティング
こんにちは、研修講師ままどおると申します。
ITインフラ技術研修講師をやっている、40代の個人事業主です。

今年2月に確定申告を実施しましたが、
国民健康保険料が「社会保険料控除」の対象であると後で知りました。

国民健康保険料の軽減手続き(*非自発失業者枠で申請)により、
国民健康保険料の月額は半分になりましたが、きちんと支払いました。
控除対象になるように申請の手直しができるなら、手直ししたい。

要するに、申告が間違ったので直したい。
これを「更生の申請」と呼びます。法廷申請期限から5年以内。
確定申告に係る「更生の申請」で、私が該当しそうなのは下記みたいです。
うち、8月10日に下記1を「更新の申請」手続きをします。
地元税務署に出向く必要があるので、Go to 税務署です。

1、国民健康保険料
2、国民年金保険料(2020年分は免除済、2021年度分の免除手続き中)
3、返済ローン(元本以外、自宅マンションのローン支払い中)
4、固定資産税(租税公課、自宅マンション所有)

ひとつ疑問があるんです。
医療費控除は「更生の申請」ができるかどうかです。
医療費控除はデフォルト5年分まで申請ができるので、どうなるのでしょう?
更生の申請は、あくまでも申告の間違いを直すことなので、
医療費控除も「更生の申請」はできると思います。申請漏れもです。

こちらについてご存じの方は、DMからメッセージください。
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す