自分の事ばかり考えていませんか?

記事
コラム
コミュニケーション改善に、自分の軸を確立して自分を認められたら、

心や体に<余裕>が生まれます。

余裕を持つ事は、コミュニケーションにおける大切な要素になります。

なぜなら、人との会話で (自分が相手にどう見られるか?)を主に考えていては、コミュニケーションは上手く行きにくいから。


私の経験ですが(自分が相手にどう思われるか?)が強すぎと自覚し(なぜ自分がそうなのか?)を受け入れ、自分の状態管理をして、

自分に余裕を持つ事で(なぜ相手がそうなのか?)を理解しようとする事が出来、
相手とのコミュニケーションは変わってきました。


(親なら、妻なら、日本人なら、こうすべき)という、私が一番避けたい考え方を、ナント実は自分がしていたのです。。。。 絶句。。。

そこに気づき、今では(私が本当にしたい事、したくない事)を自分で選択して行動する。という世界観に変わりました。


人と会話する時に、

(話の上手い芸人のように自分が納得できる面白い事を言おう)^^
ではなく、

相手が楽しくなるには?と相手目線で考えたり、


(親らしい事や、親の立場で何かを言おう)

ではなく、
相手が本当に求めている事を感じた上で、自分の本当に伝えたいことを言う。


自分中心の発想ではなく、相手の立場に立って発想するには、

意識の方向であるベクトルを、

自分から相手に向け

<自分ベクトルを相手ベクトルに変えるのです>


自分がどう見られるか?ではなく、本当に相手の為になることは何か?と考えられる様になるには、余裕が必要です。

余裕を持つには、自分の軸を確立し自分を満たす必要があります。


あなたにも、我慢していること、諦めていることはないですか?

思いを出す。アウトプットすることで、脳と心は整理されていき、やがて余裕が生まれるのです。

サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す