WordPressのURLをカスタマイズするrewrite rule

記事
IT・テクノロジー
皆様、こんにちは!
本日はSEO対策としても有用なWordPressのリライトルールについてです。
テーマを作れるようになった。という段階から次のステップへ移行するために覚えておきたい内容ですので、ぜひ最後まで御覧ください!

phpに不安のある方やおまかせしたい方はこちら↓


URLリライトルールとは?


WordPressをカスタマイズしていると、「リライトルール」という言葉を耳にすることがあるでしょう。

URLリライトルールは、ユーザーが入力したURLを適切な内部クエリに変換するための重要な仕組みです。これにより、見やすくてSEOに強いURLを生成することが可能になります。

URLリライトルールの基本


URLリライトルールは、WordPressのパーマリンク構造を制御するルールセットです。これらのルールは、WordPressが特定のURLパターンに対してどのテンプレートファイルを使用するかを決定するのに役立ちます。

例えば、example.com/custom-post-type/my-postというURLがあった場合、このURLを適切に解析し、custom-post-typeのテンプレートを適用し、my-postというスラッグを持つ投稿を表示するための内部クエリを生成します。

リライトルールは、add_rewrite_rule関数を使用して追加できます。この関数は、カスタムURL構造を定義し、それに対応するクエリ変数を指定します。

```php
function my_custom_rewrite_rule() {
    add_rewrite_rule('^custom/([^/]*)/?','index.php?page_id=123&my_var=$matches[1]','top');
}
add_action('init', 'my_custom_rewrite_rule');
```

上記の例では、example.com/custom/任意のテキストというURLをindex.php?page_id=123&my_var=任意のテキストにリライトするルールを定義しています。

URLリライトルールの重要性


SEOの向上: 読みやすく意味のあるURLは、検索エンジンにとって理解しやすく、SEOに有利です。カスタマイズしたURL構造を使用することで、特定のキーワードをURLに含めることができ、検索エンジンのランキングに好影響を与える可能性があります。

ユーザーエクスペリエンスの向上: 短くてわかりやすいURLは、ユーザーがサイトをナビゲートしやすくします。例えば、example.com/product/shoesのようなURLは、example.com/?p=123よりも直感的で覚えやすいです。

サイトの管理の簡素化: カスタムリライトルールを使用することで、特定のURLパターンに対して特定のテンプレートやクエリを適用することが容易になります。これにより、複雑なサイト構造を持つ場合でも、管理とメンテナンスが簡単になります。

カスタム機能の実現: リライトルールをカスタマイズすることで、WordPressの標準機能では実現できない独自のURL構造や動作を作成できます。これにより、サイトの柔軟性と機能性が大幅に向上します。

以上のように、URLリライトルールは、WordPressのカスタマイズにおいて非常に重要な役割を果たします。

その基本を理解し、適切に活用することで、SEOの向上、ユーザーエクスペリエンスの向上、サイト管理の簡素化、そしてカスタム機能の実現が可能になります。

リライトルールを作ってみよう!


ここでは、具体的にカスタマイズしたリライトルールを作成する方法について詳しく解説します。これにより、独自のURL構造を作り、WordPressサイトをさらに強化することができます。

リライトルールの基本的な作成手順
カスタムリライトルールを作成するためには、以下の手順に従います:

- リライトルールの追加
- クエリ変数の追加
- テンプレートの修正
この続きは購入すると読めるようになります。
残り:2,066文字
WordPressのURLをカスタマ... 記事
IT・テクノロジー
500円(税抜)
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す