手話を学んだら出来る事

記事
学び
今日は、私の第二言語とも言える、手話についてのお話です。
(そんなに上手ではない)
手話に関わると、経験できる事を、いくつか上げさせて頂きます。
ご興味があれば、どうぞお付き合いください。

① 心が通じる友達ができる
 普段、人と会話をする時、きちんと目を見て会話をしていますか?
 家族や、身近な間柄になればなるほど、背中を向けたまま、
 返事をしていたりしませんか?
 手話を使うときは、必ず目や顔を見ながら会話をするので、
 とても親密な関係の友達ができます。
 聴覚障害者の方々は、志が高く、素敵な方がたくさんいらっしゃるので、
 交流すれば、気付く事が沢山あると思います。

② 音を必要としない会話ができる
 うるさい人混みの中でも、
 ガラス越しでも、
 向かい側の駅のホームでも、
 授業中、先生が後ろを向いた瞬間でも
 手話なら会話が可能です。

③ 手話飲み会ができる
 自分たちだけのシークレットな内容で盛り上がれます。
 誰も、あなた方が、あ~んな話題で盛り上がっているとは、 
 露ほども思いません。
 ただし、手話をしながら食事はできないので、
 食べ物は、冷めてしまいます。会話の前に食べましょう(笑)

④ 福祉活動に参加できます。
 地域の福祉活動に参加が出来ます。
 まず、手話奉仕員養成講座と言うものがありますから、
 それを受けて、手話の基礎の知識をつけましょう。
 また、
 手話自体は、使える方が良いに越した事はありませんが、
 それよりも、人の為になりたいと言う気持ちの方が大事だったりします。
 手話は、まだ思うように使えていなくても、
 イベントなど参加して、一緒に楽しむ事は出来ますし、
 ふとした場面で、通訳までは行かなくても、自分が間に入って、
 会話をスムーズに流すお手伝いが出来れば、
 それで充分、役に立てていると実感する事が出来ます。

⑤ 通訳者、通訳師としてお仕事をする事が可能です。
 手話を本格的に学びたいならば、
 都道府県または市町村で主催している、通訳者(師)養成講座があります。
 難易度は高いものですが、資格を取得すれば
 手話を使ったお仕事が可能になります。

⑥クリエイティブな活動をしてみる
 手話を少しでも学んでいるのならば、
 手話で絵本の読み聞かせなどの活動も、されてみては、如何でしょうか?
 聾学校や福祉施設などで、可能な場所を探してみると良いかもしれません。
 最初はジェスチャーや、寸劇でも構わないと思います。
 聞き手に対して一生懸命伝え、そして、自分も楽しむ事。
 あとは、子供達を楽しませたら勝ちです。
 ちょっとした、小道具など自作して、楽しい雰囲気づくりをするのも
 おススメです。

最後に、福祉活動をして得られるものは、与えるものよりも、かなり大きい気がします。人の役に立てたと言う達成感と、自分が人から求められているのだと実感する事も出来ます。
ですので、例えば、自分に自信が持てない方や、お仕事がうまく行かない方なども、福祉活動で心を豊かにする事で、次の一歩を踏み出す事が出来る、
私は、そんな気がします。

今日は、手話と福祉活動についてのお話でした。
最後まで、お付き合いくださいまして、有難うございました☆彡
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す