【Photoshopの使い方】切り抜き講座-商品画像編

記事
写真・動画
WEBショップやオークションサイトを運営する際、商品写真を切り抜いて使いたい方の為の切り抜き講座です。
初心者でもできるようになるべく簡素にご説明します。

準備 切り抜きたい写真を用意してPhotoshopで開きます。

今回はこちらの女性用化粧品のリップを題材にすすめていきますね。
 題材の写真は下記リンクより無料ダウンロードできます。
ブログ切り抜き商品画像編1.jpg

ステップ1 まず右下のレイヤータブで背景画像をコピー

背景画像は比較のためにロックを解除せず触らないようにします。(基本)
こちらの写真のようにコピーしたら次のステップです。
ブログ切り抜き商品画像編2.jpg

ステップ2 切り抜くための選択範囲を作成

現在のPhotoshopはAI機能などかなり性能がよくなっています。
今回は時短の為にPhotoshopの機能に思いっきり頼ってみます。
画面上部タブの【選択範囲】>【被写体選択】をクリックします。
そうすると被写体だけを選択範囲の破線が囲ってくれます。 (写真のピントが合ってない写真はこれだと難しいかもしれません)

ブログ切り抜き商品画像編3.jpg

試しにこのまま選択範囲を別レイヤーに複製してみます。
画面上部タブの【レイヤー】>【レイヤーを複製】をクリックします。
※複製のショートカットはこちら Windows(ctl+j) Mac(command+ctl)
 そうすると側面部分がガタガタになっているのがわかると思います。
気にならないレベルであればこれで完成です(はやっ!)もっとこだわりたい方は次のステップへ! 

ブログ切り抜き商品画像編4.jpg

ステップ3 選択範囲を拡張

まず現状だと選択範囲の破線が被写体の内側に入ってしまっているので 選択範囲を拡張します。
画面上部タブの【選択範囲】>【選択範囲を変更】>【拡張】をクリック
(【選択範囲】>【選択範囲を拡張】は別の意味になりますので間違わないように)
この写真の場合は拡張量を2pixelとします。
少しはみ出ている部分はありますが、被写体が破線の中に入りました。

ブログ切り抜き商品画像編5.jpg

ステップ4 選択範囲の境界線をぼかす

【選択範囲】>【選択範囲を変更】>【境界線をぼかす】をクリックし、 ぼかし半径は今回は1pixelに設定してOKをクリック。
(カンバスの境界に効果を適用のチェックボックスはチェックしない。)
破線が出ている状態でステップ2と同様に、 画面上部タブの【レイヤー】>【レイヤーを複製】をクリックして切り抜く。
そうするとこのようにキレイに切り取れましたね。 

ブログ切り抜き商品画像編6-1.jpg

おまけ

せっかくですので切り抜いたレイヤーの下に好きな写真をいれて合成してみましょう。
今回は元画像を白黒にして商品がより目立つようにしてみます。

ブログ切り抜き商品画像編7-1.jpg

【イメージ】>【色調補正】>【白黒】をクリック。
そうすると被写体だけが鮮やかに強調された素敵な写真が完成しましたね!!
初めての方は難しかったと思いますが、慣れてしまうと数分で済んでしまいます。
ネットショップなどを運営されている方は 数十枚ともなるとご自分でやるのはしんどいと思いますが1~2枚くらいなら自分でやった方が早いですね!
それでは【Photoshop】切り抜き講座-商品画像編はこれにて終了とさせていただきます。 最後まで見ていただきありがとうございました。

ブログ切り抜き商品画像編8.jpg

サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す