動画がビジネスで活用される理由

記事
コラム
動画広告の現状
文章主体のX(旧:Twitter)や写真主体のInstagramなどのSNSでも
動画広告(プロモーション)が流れてくるケースがあると思います。
動画広告市場は今どんどん広がっています。
参考:動画広告市場は、2022年と昨対比133.2%の5,601億円に到達

では、なぜ、文章広告が文章から動画広告に変わったのでしょうか。
それは、動画は文章よりメリットが大きくあるからです。

動画のメリット

メリット1
短時間で多くの情報を伝える。
 動画は文章よりも多くの情報を伝えることが出来ます。
 1分間の動画でWEBサイトの3,600ページ相当の内容を伝えることが出来ます。

メリット2
 視聴維持率が高い
動画の視聴維持率は80%と言われておりお客様によりサービスを知ってもらうことができます。

メリット3
記憶に残りやすい
動画の記憶定着率は、文章の記事コンテンツの2倍記憶に残りやすい
と言われております。

動画広告のデメリット

ただ、忘れては行けないのは、動画にもデメリットがあります。

それは、詳細の内容を伝えるのは苦手としていることです。
細部への説明は、文章のほうが優れています。
これを忘れて動画だけで全てを完結すると伝えたい想いが伝えきれないケースが出てきます。

まとめ

今後のビジネスは、
動画と文章を両方うまく使いこなして、行くことがおすすめです。

例えば、
・動画でお客様に自身のサービスの大枠を伝え
・細かい箇所は文章で伝える
など色々、動画を活用して下さい。

もし、自身のビジネスを動画で説明したい際は、是非
下記のサービスをご利用下さい。
ご相談は無料ですので、お待ちしております。


サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す