AIを使った英語学習で効率をアップさせる方法3選(Memriseでの検証編)

記事
学び
英語学習をしている方が一番困っているのは、時間のやり繰りでは、ありませんか?
かく言う私自身もそうでしたし、今でもそうです。

何せ、仕事を終えてからの勉強時間の確保って疲れる。

と言うことで、以下の文章はChatGPTに「AIを使った英語学習で効率をアップさせる方法3選」と言う問いを投げかけて得た回答です。

AIを使った英語学習において効率を向上させるための方法として、以下の3つの選択肢を提案します。

1. AIベースの言語学習プラットフォームを利用する:
AIを活用した言語学習プラットフォーム(例: Duolingo、Memrise、Rosetta Stone)を利用することで、個別の学習ニーズに合わせたカリキュラムや教材を提供してもらえます。これらのプラットフォームは、自動的に進捗を追跡し、学習者の弱点や改善すべき領域を特定することができます。また、AIによる音声認識機能を使って発音を練習したり、文法の誤りを指摘してもらったりすることも可能です。
2. AIチューターを活用する:
AIチューターは、英語学習の個別のニーズに合わせて柔軟に指導してくれるツールです。音声認識や自然言語処理の技術を使って、会話の練習や文章の校正、フィードバックの提供などを行ってくれます。AIチューターは24時間いつでも利用できるため、自分の都合に合わせて学習することができます。
3. AIによる文書・音声の自動生成を利用する:
AI技術を使った文書・音声の自動生成ツールを利用することで、自分自身が英語の文章や音声を作成する機会を増やすことができます。例えば、AIによって英文のライティングのサンプルを作成してもらったり、AIによる英文の音声を聞いてリスニングの練習をしたりすることができます。これにより、実際の英語の使用場面に近い形での学習が可能となります。
これらの方法を組み合わせることで、AIを使った英語学習の効率を向上させることができます。しかし、AIを活用する際には、自分自身の学習スタイルや目標に合わせた使い方をすることが重要です。

どうです?パッと見た目は、凄いですよね。
でも、中身の検証は、投稿する者の義務として必要ですね。

で、最初にですね、取り組んだのが、Memriseです。そう、冒頭の画像は、Memriseのスクショですね。

現在のところ、私は無料でしか利用していないので、明らかにレベルは初心者向けでしたね。

私自身、そんなに英語は上手では、ありませんが、一応英語の語学留学とその地域(シンガポール共和国)での10年以上の勤務経験があります。
なので、中級レベルには達しているとは、思っています。

でも、欧米の国とは違うので、日本に帰国後、改めて気づいたのは、日本で英語と言えばアメリカ英語なんだってことですね。

とは言え、ビジネスで英語を使う分には、そんなに困ったことはありませんでしたけど。

シンガポール共和国のあと、転職して中華人民共和国の広東省で操業している日系企業で勤務しましたが、国外の取引先は、タイ、マレーシア、の日系企業でした。そのため、客先の購買担当者は、現地化していたため、会話もメールも全部英語でした。

このように、現在、グローバル環境においては、英語でのコミュニケーションが出来れば働く場所はたくさんあるかと思っています。(特に日本人は)

さて、話が横道にそれましたが、Memriseに関しての私の感想は、
無料でできる会話内容だと、AIを使っているという感じがえられないかな。

このレベルだと、既存の無料アプリとかで十分では、と思うのです。
まして、今のDX(デジタル トランスフォーメーション)時代においては、
会話も音声チャットや、Botなどを駆使して行うのが当たり前なので、デジタルツールに精通していることが前提での英語力が問われるのでは、と個人的には思っています。

ちょっと説明が長くなりましたので、この続きは、明日投稿しますね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。





サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す