不倫をやめる方法|不倫は覚せい剤。やめたいのに、やめられない。

記事
ライフスタイル
2人が購入しています
今、不倫の渦中にいる人。
不倫はダメだと頭では解っているのに・やめたいのに、身動きが取れなくて苦しんでいる貴女に向け、不倫をやめる(別れる)方法を記載します。
不倫から脱出した経験者だからこそ書ける、リアルな内容です。不倫を本気でやめたいと思っている人にだけ読んでほしいので、有料での公開といたします。

こんな方へ、オススメしています。

何度も不倫やめようとしたが、相手に言いくるめられて結局元に戻ってしまう。

「別れる」と伝えたところ、相手が急にご機嫌取りをしてきて戸惑っている。

正論は聞き飽きた。どうしたら不倫をやめられるか、教えて欲しい。そんな想いに応えたい。

初めまして、ひとみです。私は33歳のOLです。
27歳独身の時、既婚者と3年間不倫関係にありました。

それまで「自分は絶対不倫なんかしない」「不倫するやつは軽蔑する」と豪語していた私が、気づいたら不倫沼の中にいました。

毎日自己嫌悪を抱き、なんとか抜け出そうとしましたが抜け出せず、相当悩みました。
不倫をやめる方法をググったものの、正論の羅列しか出てこない…
・不倫を今すぐやめるべき5つの理由!
・不倫はリスクだらけ!慰謝料請求相場は〇万円
・将来を真剣に考えたら、目が覚めるはず!

ありきたりな正論はこれまでに5億回くらい考えて理解して、それでも感情が言うこと聞かず・やめられないから苦しんでいる。
理性でやめることが出来るなら、既にやめてるわって話です。

私は不倫沼から抜け出すにあたり、3年間も試行錯誤しました。
ググっても出てこなかった「不倫をやめる方法」、3年間の試行錯誤から得たノウハウをまとめましたので公開します。

頭では理解していても、簡単にコントロール出来ないのが感情です。
だから、貴女の苦しい気持ち、すっごくよくわかります。私もそうでしたから。

不倫で苦しむ貴女が、一日でも早く元気になれますように。
あなたの幸せを祈り、応援しています。一緒に頑張りましょう!

<購入前に確認いただきたい事>

※「不倫をやめたい」とは、あなたが「心の底から不倫をやめたい」と思っている状態のことです。
不倫をやめる・別れるを武器に、相手の心を引き戻したいと言う方に向けての記事ではありません。
※本文章は不倫をやめる効果的な方法をお伝えするものであり、効果を保証するものではありません。ご自身の強い意志と、努力が必要です。
※不倫をやめるには苦しみを伴います。今すぐ苦しみを解消する方法は書いていません。
※不倫をやめたいと思っている独身女性向けに書いた記事ですが、既婚女性や男性でも参考になる内容かとは思います。

以上をご理解の上、購入にお進みください。

不倫は覚せい剤。理性でやめることはほぼ不可能。

noteのタイトルにもしましたが、不倫は覚せい剤と同じで依存性が高いです。(私は覚せい剤を用いたことはありませんが…)

警視庁の「薬物の恐ろしさ」のHPを読んでみてください。

https://www.keishicho.metro.tokyo.lg.jp/kurashi/drug/drug/shonen.html

幻想が現れたり、歯がガタガタになったりすることはありませんが、「依存症への恐怖」の部分は特に、正に不倫中の心境そのものです。

覚せい剤を使用すれば、逮捕される・健康を害する等、未来への悪影響はそこかしこで耳にする大きなリスクです。
リスクを理解していても、「少しくらいなら大丈夫」で始めてしまう。
その後、どんどん強い禁断症状が現れます。

「不倫は慰謝料・社会的制裁など、リスクだらけ」ということを頭では理解していても、感情のコントロールが効かない、やめられない。
欲望を解放して不倫相手に会うと、一時はこの上ない幸せを感じる。
そして落ち着いたら罪悪感と自己嫌悪。まさに依存症そのものですね。

人間の理性はこんなにも弱くて、本能はこんなにも強いということを認めざるを得ないです。

何故、不倫をやめられないのか

不倫をやめられない人々は、一般人よりも特別意志が弱いのでしょうか?
私はそうは思いません。
先述の通り不倫は覚せい剤と同じで、人間の本能にものすごく強い衝動と依存性をもたらすからです。

人が決めた「制度(理性)」よりも、種の継続のために愛を貫く「本能」が強く働くためと考えます。
これが、不倫をやめたいと本気で思っていても、やめられない理由です。

ただ、自分と相手の本能の動きには、ある程度パターンがあります。
次の章では、不倫におけるパターンをステップごとに解説していきます。

不倫の無限ループ(パターンの解説)

不倫をやめたいけどやめられない、無限ループはおおよそ下記1〜7の流れで進行します。
いずれの行動も自分の意思で決めているように思いますが、実はほぼ本能が起こす行動であり、ある程度パターン化されています。
このパターンを理解する事で、「あ、私は今この段階にいるな」と自分を客観視することができ、対策を立てやすくなります。

<不倫の無限ループ>
1.「自分は意志が強いし、不倫なんかしない」「ただの友達だし、飲みに行くだけ」などと言い訳をし、徐々に会う回数・連絡頻度が増える。

2.接触回数を重ねることで、両想いであることを認識する。
1で記述したような“固い”意志は徐々に溶かされ、もっと親密になりたいと思う。

3.不倫はいけないと頭では分かりつつも、互いに居心地が良い環境で楽しく恋愛する。マメに連絡をくれたり、体調を気遣ってくれたり。
現状の不満を解消し、自分を受け入れてくれる存在に癒さされ、ますます好きになる。(これが所謂"覚せい剤"となる)
もっと精神的・肉体的に深い関係を持ちたいという本能が働く。

4.暫くすると、未来のある関係では無いことを意識し、不倫をやめたくなる。
具体的には、離婚が進まない相手にイライラしたり、配偶者に嫉妬したり、罪悪感から苦しくなったりし、やめたくなる。

5.貴女が「この関係をやめたい」と告げると、相手は貴女を失うことが惜しくなり、今まで以上に大事にしてくれる。
「離婚するから待ってくれ」と言ったり、「最後に1回だけ話し合いがしたい」と言って会おうとしたり、「離れても忘れないでほしい」と高価なプレゼントをくれたり、ありとあらゆる方法で貴女を喜ばせ・別れを引き延ばそうとする。
もしくは、「貴女の将来を見据え、人生最大の良き理解者で終わりたい」と、すんなり身を引く”ふり”をする場合もある。
(この場合、時間が経つと向こうから連絡してくる)
※ここできっぱり関係が断たれる場合、相手は完全に遊びだった可能性が高い。

6.あなたは相手を忘れるために、婚活などを開始する。
しかし、不倫相手と比べてしまい、なかなか新しい人を好きになることが出来ない。
頑張っているのに満たされないと言う不満、一人では埋められない寂しさに苦しむ。

7.そのうちあなたは「生涯でこんなに私を想ってくれる人はあの人しかいない」「あの人はまさに理想の人。これは人生最大の恋愛だ」と思うようになる。
どちらかから連絡が再開され、3に戻る。

3〜7のループを繰り返し、抜け出せず苦しむ。
この続きは購入すると読めるようになります。
残り:4,344文字
不倫をやめる方法|不倫は覚せい剤。や... 記事
ライフスタイル
1,000円 2人が購入しています
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す