歯科医監修()的な巷の「指導」は顧客を作るマッチポンプ?! 正しい歯磨きメソッドを。

コンテンツ
美容・ファッション
歯茎下がりについて検索すると、「歯科医監修」等のキャッチ付きの歯磨き「指導」が潤沢に出てきますが、見てみると「ウソだろ…?」というくらい粗雑で手抜きで頭悪い「指導」と、高額な自由診療の「治療」案内ばかり。

開業医などが顧客(患者)を作り出しながら引き込むマッチポンプビジネスそのものに見えます。

もし本当に歯茎下がりを予防して皆んなの良い人生を守りたいと願っているなら、粗雑すぎる「指導」を飾り立てる安易な”釣り”は控え、本稿で伝えるメソッドくらいは自ずと発明し、私よりも先に提供するでしょう。

にも関わらず、待てど暮らせど、巷の旧態然としたミガキ方がアプデされる気配も無いので、まともな『ミガキ方』配信に踏み切りました。


皆んな歯グキ下がりを気にしながら自分で下げてないか?

歯茎下がりは見栄えの観点で避けたいのは当然のことですが、そればかりか歯の根っこ(歯頚部)はエナメル質が薄い上に歯垢が溜まり易いため、脱灰リスクが高く、脱灰が進めば酢卵のように軟化していき、押すと痛むようになります。

その段階を過ぎて「虫歯」になると再石灰化は無理になりますが、露出して脱灰が進んだ歯頚部に歯肉を戻すのは、実質的に無理ではないでしょうか。だからこそ歯茎ラインは”歯の絶対防衛ライン”と言えましょう。

下がってしまった歯肉のうち、特に歯間部分は、医療用ヒアルロン酸を注入して膨らませ、次亜塩素酸電解除菌水によるケアで維持するという治療法が開発されてきたようですが、「歯茎移植手術」を含め万能ではないし、手間暇や心身の負担、費用の観点でも、まず歯茎を下げない!という基本が大切かと思います。

もちろん歯茎の状態は、年齢や個人差も含めて色々のはずです。

今回ここで配信させていただくミガキ方は、「自分で鋭い毛先を歯茎に突き込んでグリグリ下げる巷の旧態然としたミガキ方を改めて、効果的にミガキましょう!」という繊細な技術教材であり、ただ力を抜けば良い等の単純な内容ではありませんが、その旨を理解できない方はご遠慮ください。

    【おすすめ理由】
    ・歯茎を自分で下げないようにケアできる
    ・既に歯茎が下がっていても維持できる
    ・ミガキ効果は脱灰箇所を再石灰化させる程ある
    ・歯間や親知らずのケアも含めている
    ・安価な”知識投資”のみで実施できる

歯茎を自分で下げずに歯垢を効果的に除去することは、歯周病や虫歯の予防にも寄与するため、治療の手間暇や費用、心身の負担を減らして生涯の人生品質を守ることになります。

その絶対防衛ラインを、ハブラシ等を買い換えることなく、ミガキ方を改善するだけで、歯間ケアや親知らずケアも含んで防衛する知識投資としては、ありえないほど安価だと自負します。

もちろん練習は要りますが、ミガキ方を完璧に習得せずとも代用的な動かし方でも効果があるため、再現性が高いです。

    【こんな人におすすめ】
    ・歯科通院が嫌い
    ・できるだけ費用を抑えたい
    ・できるだけ簡単で効果的な対策が欲しい

    【おすすめできない人】
    ・うがい等だけのケアで済ませたい
    ・努力(練習)したくない
    ・歯科治療すりゃいいと思う
    ・先のことは如何でも良い

自分はキレイな歯茎ラインを維持して周囲から一目置かれたい!とか、良い人生を守りたい!と思う人には間違いなく役立つ内容ですが、努力できない人は読まないでください。


この『ミガキ方』について

    構成
    ・歯肉を突き下げないハミガキの極意
    ・図と動画
    ・親知らずケア

歯間25p.JPG

私は、噛み合わせとか歯並びとか虫歯とかの不運により、実物でお見せすることが難しいため撮影には模型を使っていますので、「そんなの信じられるかよw」という方にはゴメンなさいですが、待てど暮らせど、巷の旧態然としたミガキ方がアプデされる気配も無いので、配信に踏み切りました。

留意点としては、いわゆる「バス法」と呼ばれる横ミガキよりも掻き落とし速度が遅くなる可能性がある(もちろんキレイな状態は十分に維持できる)点と、ハミガキのモーション(動かし方)が立体的であるぶん難易度が高くなる点でしょうか。

歯周P横25p.jpg

もちろん、歯周ポケット(歯頚部)の歯垢が固着している場合は事前に歯科治療でクリーニングし、ついでに自分のミガキ癖を把握しておきましょう。

また、噛み合う相手(歯)が無くて”自由”な歯は、若干ながら伸び上がってくるため、結果として歯茎が追従しきれずに歯茎下がりと同様の状態になる場合がありますので、噛み合わせの問題がある場合も歯科治療しましょう。

エナメル質が薄い根元(歯頚部)が露出したら、歯垢による酸で容易に脱灰して酢卵のように軟化し虫歯になっていくし、そうなった箇所に歯肉が戻る可能性は低いはずであり、一日も早くミガキ方を改善するべきでしょう。

なお、当”ミガキ方”では、ケア不足で抜歯にまで至りやすい「親知らず」の延命方法についても、関連情報として触れております。ご要望がある場合はそちらも詳しく配信したいと思います。

歯周P裏グサリ25p.jpg

私は運悪く、歯並びや噛み合わせ矯正を受けることも出来ず、またデンタルケアの知識も不足していたため、かなり虫歯にヤラレました苦しみました。歯が不自由になると、本来は楽しみである食事すらも難行苦行になります。

幸いにして歯茎下がりは回避できておりますが、どうか貴方は、一生モノの知識投資で”歯の絶対防衛ライン”(歯茎)を守って、良い食事と人生を引き寄せてください。

#試験的に低価格リリースしており段階的に値上げ予定です(今が最安値)


歯肉を突き下げないハミガキの極意

この続きは購入すると読めるようになります。
残り:1,070文字 / 画像1枚 / 動画1本
歯科医監修()的な巷の「指導」は顧客... コンテンツ
美容・ファッション
500円
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す