【塾なし合格ワザ】算数が劇的に伸びた10の勉強法-その4比の先取り編

記事
学び
1人が購入しています
user
トンビの子中学受検する
1人が購入しています

小学生の算数は比をマスターしてなんぼという

小学生の入試用算数って、結局のところ「比」で解決する問題の多いこと。
実は下剋上算数と双璧をなす算数の問題集、それが「はしもと式」なのです。
橋本式で中心となっている「解法=比」です。小学生算数においてこの
「比」の概念を理解しておかないと、算数がチンプンカンプンになるのです。
ちなみにこの問題集は
hasimoto.jpg

5年生からのベース問題集として、基本を抑えるにはもってこい。

5年生から早く取り組んだ方がいい単元ばかり

図形、数列、単位量、約数、倍数、相似、割合と比、面積比、図形の合同
太字の内容が比で解決できるという。。。
そして、比を使う時に約数や倍数の概念も使います。
「なんや、全部使うんや!」と相なりました。

で、今回のテーマは「比」自体を教えるというものではありません。
トンビのブログは、実際に教えるというブログではないのでごめんなさい。

今回テーマにしたいのは「それ、習うまで待ってるの?」ということです。

それというのは、算数の場合「比」なのです。
こんなテーマに500円も出して買うなんて、と思われるかもですが
親子の意識をどう変えるかがこのブログのテーマです。

算数の先取りは危険かどうか問題

結論から言うと、算数の先取りはした方がいいです。
あくまでもできるならという条件付きです。
そもそも小学生の受験算数がなぜ難しいかというと
この続きは購入すると読めるようになります。
残り:1,955文字 / 画像2枚
【塾なし合格ワザ】算数が劇的に伸びた... 記事
学び
500円 1人が購入しています
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す