引き寄せが起こる仕組み

記事
ライフスタイル
カラーバス効果ってご存知ですか?




最近では脳科学や量子力学といったことは

「引き寄せ」に関わっているとして

カラーバス効果について説明されることも

多々あるので、すでにご存知の方も多いですよね。




そう、このカラーバス効果、

ある一つのことを意識することで、

そのことに関する情報が自分の手元に

無意識に今まで以上に入ってくるようになる現象のことです。




これはほしいモノや情報、意識などには関係なく

自分が意識するあらゆる事象に対して起きてきます。




細かいところは省きますが

思考は現実化するというのは、簡単に言ってしまうと

普段、無意識に考えていることや

いつも多く考えていることがその現実を

引き出してしまいます。





潜在意識とは無意識の領域のことですが

この潜在意識というのは、良い悪いに関わらず

普段思っていることを

「そうか、そんな風な現実が欲しいんだね

あなたの希望はそうなんだね、それなら叶えてあげよう」

という仕組みになっているんです。



なので、ネガティブな事象に目を向けていると

現実的には、思っているネガティブなことが多く起こってきて

ポジティブなことに目を向けていると、そのような現実が

起こってきます。

※ここでいうネガティブとは悩みやストレスになっていること、

ポジティブとは、自分がたてた目標に対しての具体的な行動だったり

自分自身がやっていて楽しいこと、ワクワクするようなことです。

こういったことが、潜在意識の特徴の一つです。





すでにお気付きかと思いますが

いつも何かに対して悩んでいると、その悩み事がいつも

自分のところにやってきます。

引き寄せているというか、自分が知らず知らずのうちに

その現実を作り出してしまっているのですね。





具体的な対策としては

日中に自分の悩みになっていることや

ストレスになっていることのテーマを一つきめて書き出します。

この時テーマは一つに絞ってくださいね。



そしてなぜそれが悩みやストレスになっているのかを

客観的に考えて、思いつくこと全てを書き出していきます。

そうして書き出していって、出尽くしたら次は

その悩みやストレスについて、自分が具体的に行動することで

解決の方向に向かうことはないか、改善できることは何かを

考えていきます。



他者が関わっている場合、相手をどうこうしようとするのは

無理なことなので、まず自分が行動できることをできる限り

多く書き出していきましょう。




またその持っている悩み自体が一般的には

そもそも悩まなければいけないことなのか?

自分自身は、なぜそのことについて悩みはじめたんだろう?

なぜ大きなストレスになってしまったんだろう?

とできる限り、心の中にあるものを言葉に変換していきましょう。



この書き出すことをしていくことで

頭の中の思考が整理され、実はそのことはそもそも

悩むようなことではなかった!  単なる思い込みだった!

と気づくこともありますし、思考が整理されることで

解決していくことの具体的な指針が見えてきますので

あとは現実的に行動していき、良くなったら続けていくとよいし、

またあまり変化がないとかの場合は、また書き出しをしていって

現実に起こっている事象を客観的にみて、改善策を考える。

そして実践していく。



この繰り返しをしていくことで

悩みやストレスからも解放されていき

自分自身とも向き合うことができ、何が原因でそうなっているのか

また、本当にしないといけないことはなんだったのかが

見えてくることもあります。




もし何かに悩んだ時や、ストレスがとてつもなく大きくなって

しまった時は、一度原点に戻り書き出す作業というのを

自分のためにもとっていきましょう。




何かのお役に立ちましたら幸いです。





















サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す