【ココナラで稼げない方必見】実質初月でプラチナランクになり3週間で20万円売り上げた実践的ノウハウ

記事
ビジネス・マーケティング
自分のスキルを販売できる『ココナラ』というサービスに
登録して約3週間が経過(※記事執筆時)しました。

最初はちょっとしたお小遣いになれば良いかなぁなんて軽い気持ちでしたが、
現時点の「納品済み&取引中」を含めると登録して3週間で実に約20万円以上もの売上げとなっています。

ご依頼いただいた方には感謝をするとともに、
自分のスキルがこんなにも売れるなんて思ってもみなかったです。

さて、「自分のスキル」って何?

と思われるかもしれませんが、例えば以下のようなものがそれになります。

・あるサービスを分かりやすく説明する「文章スキル
・長い英文を自然でいかした日本語に変換する「翻訳スキル
・複数の動画の不要な部分をカットしたり文字入れをする「動画編集スキル
・要望に沿った形で絵を描く「イラストスキル
・WEBページの構成や広告バナーを作成する「デザインスキル

他にもまだまだたくさんの「スキル」が存在しますが、
簡単に言い換えると他人よりも優れた自分の得意分野です。


ココナラでは、こうしたスキルを買ってくださる方が集まっているので、
波に乗ることさえできれば登録から3週間で20万円以上の売上を
叩き出すと言うことも出来るのです。


しかし、残念ながら全員がこんなに順調に行けるわけではありません。

でも、商品が売れるには理由があるはずで、
その理由に気が付けば誰にでも可能性はあるはずです。

前置きが長くなりましたが、今回のブログでは「登録してたった3週間で売上20万円以上を叩き出した理由」をご紹介したいと思います。

特にこれからココナラを利用して自分のスキルを売って稼ぎたいと思っている初心者の人にとっては「どうすれば良いか分からない」という最初に躓きやすい悩みがクリアになるのでおすすめです!

このブログ記事がおすすめな人


このブログは登録してから約3週間という短期間で
売上20万円以上を叩き出したノウハウを惜しみなく詰め込んでおります。

以下に該当する人にとっては有益な情報かと思います!

・始めたばかりで何をすれば良いか分かっていない
・登録してしばらく経つけど売上が全く発生しない
・売上どころか自分のページすら見てもらえない
・スキルはあるのにスキルの売り方が分かっていない
・デザインなどの形として残るスキルを販売したい

これらを見てわかるように登録して間もない初心者さんや、登録をしたけど売上が発生しない人にとっては有益な情報ですが、逆に毎月何十万円も売上が発生しているような猛者さんにとっては、ぶっちゃけると意味のないものです。

また、形に残らないスキル(占いや相談・アドバイスなど)を販売されたい方にとってもノウハウとしては弱いかもしれません。

そういう点を考慮して、この先を読み進めてくださいませ!


登録後3週間で約20万円を売り上げた実績公開


さて、ここまで何度か登録してからたった3週間で20万円を超える売上を叩き出した…など書かせて頂いておりますが
「それって本当なんですか〜?」と思われている方もいると思います。

証拠というのには信憑性は薄いかもしれませんが、念の為画面をキャプチャーしたものを掲載しておきます。

ちなみに、私が販売しているスキルは広告バナーやランディングページを作成する「デザインスキル」となります。

登録日:2022年5月24日

IMG_8212.jpg

時間までは表示されていませんが、
5月24日 12時59分にココナラに会員登録をしました。
その後、翌日の5月25日 12時35分に申請していた「本人確認」の手続きが完了となりました。

cap1.png

6月2日に初めて売上が発生(2件)しまして、
直近での6月16日の売上発生までで合計すると11件、
売上にすると224,500円となっております。
(※ご依頼内容やご依頼主様にご迷惑がかかるので、一部をモザイク処理しております。)

つまり登録した5月24日から6月16日の約3週間で
224,500円の売上が発生したことになります。

デザイン自体は、「Adobe Photoshop 2022」の「フォトプラン」のみを契約しているので月額で1,078円(めっちゃ安い!)しか掛かっていません。


ざっとまとめると以下になります。

5月25日に登録して初めて商品が売れたのは9日後
・登録後の約3週間での売り上げは224,500円
・実際にかかるコストは毎月たったの約1,000円

とりあえず、登録してから3週間で約20万円を売り上げた実績の公開とさせて頂きます。

それでは、いよいよ次の章から私が実践してきた
ノウハウをご紹介したいと思います。


売上を発生させる前の下準備はしっかり行う


ココナラに登録して間もない時期は、当然ながら実績はゼロです。
実績が多数あって評価も高い人と比べられると負けてしまうのは仕方がありません。

では、どうやって自分のスキルを買って貰えるか?

真っ先に手を加えるべきなのは、自分のプロフィールページの充実化です。
スキルを販売するココナラにおいて自分のプロフィールページは購入を検討していただくための履歴書であり名刺でもあるのです。


「私はこういう者です」


というアピールをするために必要不可欠な情報なのですが色々な方のプロフィールページを拝見させていただくと、正直アピールが足りないケースが多くスキルの購入を検討してもらう前に離脱されているはずです。

では、どのようにプロフィールページを充実させれば良いのかを
もう少し詳しく説明したいと思います。


履歴書・名刺でもあるプロフィールページを充実させよう


依頼者様にみて貰えるプロフィールページは
サービスを購入して頂く前の大切なアピールとなるので
以下をしっかり読んで充実をさせてください。

●本人確認と秘密保持契約は早めに済ませる

まずココナラに登録してすぐに
「本人確認」と「秘密保持契約」は済ませましょう。

どこの誰か分からない人に仕事を頼みたいと思う依頼者は稀ですし、
依頼の中で知り得た情報を他人に漏らしてしまうかもしれない人と思われないように必ず上記2点は早めに終わらせておきましょう。


●カバー画像はオリジナリティのあるものに。

プロフィールページの一番上部にある大きなカバー画像は
一番目が付きやすい箇所なので、ここをしっかり作り込みましょう。


(1)何が得意なのかをしっかりと言葉+デザインで表現するパターン

プロフィールページには文章で得意分野やスキルをアピールする箇所もありますがカバー画像でも、しっかりとアピールをしておくと良いでしょう。

よくあるのが、得意分野やスキルを文章でひたすら並べただけのものを見かけますが正直あまり細かな文字は目に入らないので、一番の得意分野やスキルを
過去の実績画像と一緒に入れ込むと良いでしょう。


(2)他者とは違ったオリジナリティを出すパターン

自分の得意分野をしっかりと言葉+デザインで表現すると言っても
似たようなデザインが多ければあまり印象には残りませんよね?

文字としてのアピールよりも、他者とは違うオリジナリティのある
カバー画像だと「お?」と気になって貰える可能性も上がります。

奇抜すぎると何を言いたいのか分かって貰えないですが
何が得意なのか、こういう事ができますよという事をオリジナルの表現で
表せることができれば大きなメリットがあると言えるでしょう!
(ちなみに私の場合はこちらのパターンになるかと思います。)


cap6.png


カバー写真は長方形であると言う固定観念を捨てて大きな半円の中に
自分が作成した画像を詰め込み、「安くて高品質」と言う文字を掲げました。

もちろん、これが正解と言い切ることは出来ませんが
他者との違いであることは明らかかなと思いますので、少しでも
気を惹けるようなデザインを心がけた方が良いでしょう。


どちらのパターンでも、見やすく何を伝えたいのかがしっかりと
デザインで表現されているのが大前提です。
(特にデザイン系のスキルを売る方は、全力で表現しましょう)


●得意分野、スキルは必ず全て埋める

得意分野では自分がサービスとして販売しているものに関連した
内容を文章でわかりやすく表現しましょう。

ただ、得意分野詳細は20文字、補足説明も200文字までと
あまり細かく書くことはできないのでアピールしたい点を
しっかり絞って記載しましょう。

スキルでは、自分が扱えるツールの実務経験を偽りなく書きましょう。
私はphotoshopを仕事でも扱っていましたので、実務経験を10年としていますがある程度の作業ができれば1年でも10年でも大きな大差はありません。

要はそのツールを使って表現ができるスキルがどの程度あるのかが重要なので
このスキル部分はあまり重要とは捉えずに、空欄が無いようにだけ注意して埋めるようにしましょう。


●特にポートフォリオは渾身の作品を分かりやすく飾る


プロフィールページで最も大事だと言っても過言では無いのが
当然ですが、ポートフォリオです。

得意分野やスキルのアピールを文章で説明するよりも
ポートフォリオを見た方が、その人のスキルやセンスが分かるのです。

もっと言えば、photodhopの実務経験が10年の人であっても
センスが無ければアピールになりません。

登録したてで実績がない人にとって、一番アピールすべきなのが
ポートフォリオであり、光るセンスを表現できれば
登録直後の不利な状況はあまり気にしなくても良いのです。


ポートフォリオでは、正方形の画像を登録することができますが
ここの表現にも工夫をすべきです。

作品集というよりも自分が販売する商品だと思って
作品を飾るということを意識してレイアウトをしましょう。

cap2.png

こちらは私の記事執筆時点でのポートフォリオですが
特に下の段のバナーを見て頂くと分かりやすいかと思います。
単にバナーをそのまま並べるのではなく、バナーが際立つように
背景をデニム柄にし、その上にバナーを設置しています。

当然この表現がベストでは無いですが、自分のスキルやセンスを見て頂くためのレイアウトということを意識してポートフォリオを充実させましょう!


え?

ポートフォリオが重要なのは分かったけど
登録して間もないのにポートフォリオでアピールできるような
作品なんて無いんだけど?


私も実は登録してからポートフォリオに載せれるような作品がなくて
どうしようと悩んでいたのですが、発想を変えれば簡単でした。

…ということで、ここから先は以下を中心にした記事となります。

発想を変えてポートフォリオを充実させた思考
速攻で実績ゼロを脱出するには●●を活用しよう!
サービスの閲覧数は●●するだけで飛躍的に増える!

これらを中心に、爆速で自分のスキルをココナラで売る方法を
誰にでも実践できるノウハウとして解説させて頂きます。

「誰にでも実践できる」と言っても、知識だけ得ても変わりません。

その知識を行動に移せる本気の方にだけ読んで頂きたいので申し訳ありませんが、ここからのノウハウは「1,000円」の価格をつけさせて頂きましたので、

本気の方だけご購入くださいませ!

この続きは購入すると読めるようになります。
残り:5,289文字 / 画像3枚
【ココナラで稼げない方必見】実質初月... 記事
ビジネス・マーケティング
1,000円
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す