●FXでは何故『損切り』が出来なくなってしまうのか

記事
マネー・副業
FXや株で大暴落にあい
コツコツ築いてきた資産を一気に溶かしてしまうなんて話
よく聞きますよね

ここでちょっと疑問なのが

『なんで逆指値で損切りかけておかないんだよ?』

って思いませんか?

損切り設定しておけば暴落が起きても
資産を一気に溶かすなんてことは起きないし
初心者でもちょっと本や動画を見れば
損切りは超大事ってほぼ全ての著者が言うわけじゃないですか。

にもかかわらず
損切りせずに多額の含み損を抱える状態になって
最悪強制ロスカット、あるいは塩漬けに陥って
結局相場から退場する個人投資家が後を絶ちませんよね。

これは何かロジックがあるんじゃないかと思って
私なりに考察してみました。

実は私はFXを始めた当初は損切りが出来ていました。

やはり本とかに損切りは大事と書いてありましたし
大暴落など怖いのでキッチリ損切りはしていました。


でも途中から損切り出来なくなってしまったんです。


というか
損切り出来ない体になってしまっていたんです。。
(今では克服しましたが。)


次の話は私自身が昔経験した
損切り出来ない体になってしまうまでの過程が描かれた実話です。


私が初心者のころやっていたのが

単純に
ドル円のチャートが下がってきて安くなったなと思ったら買って
チャートが上がってきたら売る

これを繰り返していたんですけど
初心者が自分勝手な思惑でトレードしてるわけですから
当然高い確率で損切りにあっていたんです。

それでよくあると思うんですけど
買いエントリーしたのに下がってきたので損切したらそこから
グングン上昇していくっていうパターン。

これムカつきますよね!

当時の私はこのパターンにかなりのストレスを抱えていました。

『まーた損切りしたところから上がりだしたよ。。
やっぱオレの読み間違ってなかったじゃん!!
てか損切りしてなかったらめっちゃ儲かってたじゃん!!』

ってしょっちゅう思ってたんです。

ある時頭の中で悪魔が囁くわけです。

《ここで損切りしたら、また儲かってたはずの利益逃しちゃうかもだぜ~》
《これだけ下がってるわけだからもう底でしょ~よ!》
《オマエの読みは今回もあってるから別に損切りなんてしなくても大丈夫だって》

みたいな。

損切りストレスに悩まされていた当時の私は
この悪魔の誘惑に誘われるがまま
本来なら損切りしているところを一回損切りしないで
待ってみることにしました。

すると
いつもなら損切りをかけていた付近からチャートはグングン上がっていき
そのトレードは見事利確することに成功出来たのです!!

『なるほど!ビビッて損切り入れてるから
いつも利確のチャンスを逃していたんだ。
チャートがこれだけ下がってるわけだから
反発するに決まってるよね。
やっぱりオレの読みは間違ってなかったんじゃん。』

そんなふうに思ってしまった私は
その後も損切りしないで待っていれば多少の含み損も
いつしか含み益に変わるという現象が続き

オレやっぱ天才だわ!

とさえ思うくらい連戦連勝が続きました。

しかしそんな天狗状態を見計らったかのように
悲劇は訪れます。。

この頃には調子にのって
ドル円よりボラティリティ(値幅)の大きな
ユーロ円で取引していたのですが

『よし!ユーロ円のチャートが下落してきたぞ!今が買いだ!』

と意気込んで買ったユーロ円は
下落トレンドを一服してしばらくレンジを形成したのち
いつもなら反発して上昇していくパターンのはずが
今回はレンジから更にもう一段下落していきました。

『ヤバ!2円も下がっちゃったよ!!』

と、ちょっと焦ります。。

『でももうかなり下がってる訳だから
そろそろ反発するよね?
まあ焦らず待とうよ。。。ほら上がってきた!!』

しかし確かに1円程の反発上昇はしたものの
ユーロ円はそこからまたズルズルと下落していき
気が付けば買いエントリーを仕掛けたところから
4円幅の含み損を抱えていました。

『うわああ。。
さすがに損切りしたほうがいいかな。。』

『でもせっかくコツコツ今まで築き上げてきた利益がここで損切りしたら
パーになっちゃうしな。。』

『うわあああ。。
あのとき損切りしてれば色々ほしいものも買えたし
何回も旅行も行けたよなー。。』

『いやいやそんなこと言ってる場合じゃないでしょ!
なんか対策考えなきゃ』

『てかこれ以上下がったらどうしよう。。』

『いやまてよ流石にもうこれ以上は下がらないでしょ。』

いつしか私の頭の中はこんな自問自答で埋め尽くされるようになっていました。

しかしシビアな現実は続きます。

ユーロ円の下落トレンドは更に加速し
気が付けばコツコツ貯めた利益がなくなるどころか
最初に投資した元本より大きく含み損が膨らんでいました。

もうダメだ。。
これ以上はホントにヤバイ。。
流石にもう損切りしよう。。。

そう決意してパソコンに向かい
決済すべくマウスをクリックしようとします。

『。。。。。。』


『。。。ダメだ!どうしてもクリック出来ない!!』


あとほんの少し指に力を込めるだけで含み損から解放されるはずなのに。
まるで催眠術にかかったかのように
どうしてもマウスをクリック出来ないのです。

そして
また頭の中で悪魔がささやきます。


《損切りなんかしなくても大丈夫だよ~。
てか今ここで損切りしたら今までの努力と時間とお金が無駄になっちゃうよ?
今までさ~損切りなんかしなくてもなんとか上手くいったんだから
今回ももうちょっと待ってればなんとかなるっしょ!》


『。。。。。。』


結局私は損切りすることが出来ませんでした。

私は含み損に悩まされながらいつか上昇に転じる日が来るのを信じて
とりあえず様子をみるという選択を選びました。

しかし更なる下落の恐怖に夜も寝付けません。

大暴落のチャートが夢に出てきては
夜な夜な悪夢にうなされる始末。

唯一心が休まるのは市場が休みの土日のみ。。

再び月曜日が始まると自分の抱えてる含み損の大きさに最悪の気分になりながら
いつまた下落するんじゃないか、それとも何かの拍子に急回復してくれるんじゃないかと為替相場が気になって気になってしかたなくなり

すぐに携帯でチャートをチェックしたくなってしまうため何事にも集中できず
仕事やプライベートにもかなり悪影響を及ぼしていました。

そんな状態がしばらく続いていたのですが
ちょうど海外旅行に行くことが決まっていたので
そこで鬱々とした含み損地獄から解放されて
気分もリフレッシュしようなんて考えてました。

ええ、ただの現実逃避です。。

因みに今ではWi-Fi環境など整っているため
海外でもスマホやパソコンを普通に使っておりますが
当時は海外で携帯を使うのは通信料が高くついてしまうので
ほとんど携帯を使わず旅行中はチャートを一切みてませんでした。

そして
つかの間の海外旅行を満喫して帰国したのですが
成田から自宅への電車の中で見た携帯に
衝撃のメールが届いていたのです。


『有効証拠金がロスカット基準額を下回りましたので
全ポジションを強制決済させて頂きました。』


そうです!
強制ロスカットです!!

楽しかった旅行の余韻もむなしく一気に血の気が引き
まさに天国から地獄に突き落とされた気分になりました。

旅行中にユーロ円は更に暴落し
私の資産の残りわずかな余力では耐えられるはずもなく

私のFX投資は強制ロスカットという最悪な展開で終了していたのでした。

因みに私が強制ロスカットで退場したあと
ユーロ円はグングン上昇していきましたとさ。。

THE END。



はい、
以上が私が昔経験した実話なんですが
同じような失敗経験してる人も多いんじゃないでしょうか。

それでは今回の話で損切りについて

過去の私は何が悪かった点なのかってことを考察していくと共に
損切り出来なくなってしまうロジックを解説していきます。

かなり重要なポイントですのでしっかりロジックを理解して
今後トレードする際に意識してみて下さい!!


では解説していきます。

損切り出来なくなってしまう一番のポイント

それは


【この記事の続きが読みたい方は私にDMでメッセージを下さい。
この記事の完全版をお送り致します。】


サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す