ここ最近のアフィリエイトやSEO対策のリアルな話

記事
ビジネス・マーケティング
ブログ機能追加とあったので試しに書いてみる。

私は今でも、SEO対策を主軸としたアフィリエイトを続けている。

仮想通貨や株もやってはいるが、メインがアフィリエイトなのは変わっていない。

とは言っても

「SEO対策はオワコン」
「真面目にやっても飛ばされる」
「こんな不安定な集客じゃ無理だ」
「安定しないのならやりたくない」
「中古ドメイン買っても結局、すぐ飛ばされる」
「業者にお願いしてもちょっと上がってすぐ落ちる」

とか、色々な意見が聞こえてきそうな現状ではある。

しかし10年近くやってきた結論から言って、中古ドメインでは見つからないレベルの「優遇されたドメイン」内で「多少のライティングテクニック」を駆使して勝負をすれば長期的な上位表示は可能だと個人的に行き着いた結論を書いておく。

割合としては全体を10として「優遇されたドメイン」9割、「ライティングテクニック」1割ぐらいの比率だと思っている。

もちろんテクニックや記事の質は重要で1ページ目に出たとしても、その後には重要なのだが、泥舟(ドメインが冷遇されてる)にどんな良い乗組員を詰めても、いずれは船が崩壊を繰り返し沈んでしまうのが検索エンジン。

⭕ドメインには差があるんだよという話

ipad424246.jpg

例えば、中古ではなく新品のドメインで、ブラックSEOが通用する時代に、高額なドメインになればなるほど効果が高いと言う話もあった。

現状、最弱ドメインでも育てればある程度強くはなるため、例え激安でも無駄とは言わないが、簡単に言って「上がりやすいもの」「上がりにくいもの(上がったあと安定しやすいもの)」はあるように思う。

比べるなら、JPドメインとSEOに弱いと言われてる無料ブログを比べてみると良い。

これらは驚くほど違い、後者の無料ブログだとどれだけ努力しても永遠に芽が出ないか、出てもすぐに検索結果から飛ばされる末路が見えている。

⭕優遇されたドメインをGETするにはどうすればいいの?


airbGFVS3665.jpg

答えは…

「既に優遇ドメインを持ってる人にサブディレクトリを使わせてもらう」

と言いたいところだが、サブディレクトリってドメインの強さを一番もらいやすい場所だし、他人の家に勝手に上がりこんで中の貴重なアイテムを使わせてもらうような話なので現実的ではない。

そもそも、そんなの誰も許してくれませんよね?

(私はASPにやってほしいと思ってますがね(笑)皆がハッピーになれるし)

ですので、結論は…

「自分でドメインを育てるしかない」と言っておく。

⭕「優遇ドメイン」ってなんだ?

airbGFVS3626.jpg

まあ簡単に言えば「上がリやすく落ちにくいドメイン」の事。

「ドメインパワーが強ければいいの?」
「内部リンクがしっかりしてればいいの?」
「価値ある情報がまとめられていればいいの?」

とか、色々聞こえてきそうだけど、答えは無いと思う。

結局はグーグルに評価されたドメインであるのが大前提、それがなければ何をやっも難しくなってしまう。

過去に弱いと言われている無料ブログで質も量も頑張った事はあるけれど結局は1年以内に沈んでしまったし…

結局ドメインが優遇されてるかが重要で、それに左右されてしまうわけだ。

「記事を書いただけで1ページ目に上位表示して、3位以内に君臨し、数年後も順位は変わらない」

そういう芸当が出来るドメインのみが重要で、それ以外は必要ないわけです。

「ライティングテクニック」「内部SEO」「記事の質」はそれを数%上げるための手段であり、土台が駄目だとそもそも失敗する確率が上がってしまうわけです。

「じゃあもうアフィリエイトで稼ぐの無理じゃん、SEOで集客出来ないし、ドメインが良く育つかどうかもわからないのなら」

って声が聞こえてきそうだけど、解決策あります。

実にシンプルな答えで、その答えはこちら↓

⭕結局やる事は「購入する」「使ってみる」「感想を書く」だけ…

airbGFVS3642.jpg


楽をしたいアフィリエイターが最も聞きたくない3つの言葉…

「購入する(お金がかかる)」
「使ってみる(時間がかかる)」
「感想を書く(疲れる)」

この3つだが、これらをするだけでだいぶ変わる。

情報商材を買いあさり、テクニックに頼るような人には出来ない記事を書くことが重要で、生の感想やメリットやデメリットが重要だったり。

SNSの感想や、家族や友人の感想が重要だったりするわけで、友達に勧める感覚で書くほうが上手く行くケースもある。

「価値のある記事」「人に評価される記事」を作りSNSなどで拡散をしていくことで、時間はかかっても、ドメインが評価される可能性が上がってくる。

大事なのは人が書いてない、生の情報や、自分の情報だと思う。

価値ある情報だけを配信して、独自ドメインを強くしていくしか無い。

また、VOD案件であれば、利用すれば無数にある映画やアニメの感想書き放題だったりする。

結局大事なのは読ませる記事、楽しませる記事、人に話したくなる記事、何度でも読み返したくなる記事。

またSNSなどで拡散したくなる工夫(SNS用のタイトル付けとか)もしてあげることが重要。

⭕Q&A(あくまで経験則の話なので注意)

yumikoIMGL7839.jpg

Q.ブログとサイト、どっちがいいの?

A.ブログ、簡単だし上がりやすい。具体的にはサーチコンソール(ウェブマスターツール)でエラーが出たときにサイトだと初心者は修正に時間かかるし面倒すぎる。

Q.独自ドメイン×ワードプレスは使ったほうがいい?

A.無料ブログよりは絶対そっちのがいい。
ちゃんと記事を書くと言う前提でも…SEO的に弱い無料ブログでは1年以内に検索エンジンから飛ばされやすい

Q.内部SEOは勉強しなきゃ駄目?

A.「メタタグ」「H1〜H5テキスト」「タグクラウド」「内部リンク」「外部リンク」などを理解しておけばまあ、だいたい大丈夫。
ちなみに外部SEOはナチュラルリンク以外気にしてないが、本当に良い記事ならツイッターやフェイスブックで拡散してもシェアして貰えるので特に気にしなくて良い。

Q.ジャンルはどうやって選ぶ?

A.得意分野か自分か少しでも興味を持てるものにすべき。じゃないと記事に自分の気持ちが1ミリも入らず失敗しやすい。

Q.何故アフィする商品を自分で購入しなきゃならないのか

A.購入してないのに他人の感想ブログコピペからのリライトで書くとバレる。
アフィリエイターが思っているよりも実際は結構見抜かれてるので、やはり自分で使ってみたり購入してみるのは重要で必須だったりする。
と言うか、古い情報ばかりまとめても検索結果で上位表示出来ない。
(優遇ドメインでもない限りは…)

Q.ライティングスキルって身に着けなきゃ駄目?

A.まず大切な友達に心の底から読ませるつもりで記事を書いてみて、書けなきゃ参考程度に少し勉強してみてもいいと思う。

Q.「○○の法則」とかって使えるの?
A記事を書くだけが目的の場合で、おかしな文章になるなら逆に参考にしないほうが良い。

Q.ペラサイトって今でも通用するの?

A.通用する、しかしペラは上位表示させたあとのほうが面倒。
長期的に上げたいのであれば、更新頻度を増やしたり、より人に読まれる価値あるペラ記事を目指して行く必要がある。

Q.ライバルいないキーワードを攻めればいいんじゃね?

A.その場合ですら、ドメインが弱すぎる場合は落ちる。
そこそこのドメインは使わないと「上がった」と喜んでいても一ヶ月以内に園外に飛ばされやすい。
ドメインを購入するときでも、安い方から選ぶような癖があるなら、今後にかかわってくるので少し注意したほうがいいだろう。
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す