私の7人目のツインフレームの彼女はどうしているか、と。有料記事が販売できる投稿サイトの方に行きました。

記事
学び
これだよ。。。
私は、みんないっしょにツインレイの再会を目指していた。
でも、みんなは違ったみたいだった。。。

私が彼女にどうしてもなんか受け入れられないような気持ちを抱いていたのはこれですよ。これ。
って言うか、さんざんそれが言いたかったので本人に言っていたような気もします。
伝わっていなかったですけどね。←

『みんなは違う』

「違うんだよ。」

……。
それだけの話なんですけどね……。

本人は、
だけど、人として『自分だけが幸せになること』は、悪いことだった。
と言う事ですが、私からすれば、

『彼女が言う幸せに従え』と言われていた気分だったんですけどね。

腹立つ女でしたよ。マジで。


***

で、HPに行ったらまた作り直したみたいです。まぁ、まだ途中なのかな? 知りません。

なんと「dropray」が復活していました。
ドメインが実はあるんだと言う話はしていましたが、本人はついに過去の己のすべてを受け入れる気持ちになったんですかね?
実は「ドロップツインレイ」が気に入っていたのかもしれませんね。←

ようやく、< 己の所業のすべてを受け入れる >と決めたのかもしれません。


***

だから、私は最初から「お前は何がしたいんだ」と言っていたはずなのです。


誰かの鏡でも影でもなく、それがお役目だからでもなく、誰かと一緒に進む(連動している)でもなくて、「お前は、何がしたいんだ」です。

こっちからすれば「神や人や誰かを言い訳にするな」と言う感じです。

だいたい、誰かを立てているようでいて、
『私が進まないとみんなが先に行けないんだ』とか言い出すのです。

すべて知っている・わかっていると一歩引いて世の中を見ているように装っていて、
その実、『自分が一番』なのです。

そう言うところだったんですけどね。


まぁ、ここに書いてある結びの言葉で手打ちにしましょう。
ちょっと寂しいけど、
それを本人が本当に受け入れた。と、そうあるのでしょうから。


***

またHPに行くかもしれませんが、その時ブログの記事にするかはわかりません。
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す