姦しい の意味を知る な話

記事
コラム
こんにちは フィベルです。
田舎の電車の時刻表を見て「これ逃すと1時間無いのか」を実感する
地域にあるんだな ど感慨深くなった人です。

前回は墓参りの話でした 今回はその帰路での事。

朝着いたバスターミナルからまたバスに乗り込んで大阪に戻る という
プロセスでしたのでバスターミナルに向かったわけですが
この時点で22時前。

僕は所用で食べられなかった晩御飯としてスーパーで買った弁当を
カバンに入れたままでして 23時前にやってくるバスの待ち時間を
この晩御飯を食べる時間に充てていたのですが。

バスターミナルへ向かう過程で二人組の女性が声を掛けて来ました
普通に返事を返し なんとなくお話を聞いてみたら 分類で言うと

・・・勧誘でした こんな時間に このご時世になにやってんだ 
と少々の憤りを覚えつつ しかし僕自身の性質と現在の置かれている
状況から無碍にするのは良くないのだろうと話を聞いてみることに
しました。

特定は避けるべきと考えるので色々ぼかして記します。


宗教は宗教なのですが耳に覚えの無い新興宗教ではなく 過去に
実在した人物の名を掲げてその人物の偉大さを諭しておりました。

次いで 入信された方の快活ぶり 心穏やかになくなっていく様を
熱心に語っておられて その姿には平伏するばかりでした。

この辺りは言葉の起こりとしてあった 本来の意味での
「ソフィスト=教育者」のようです。

しかし話を聞きながら心の底でずっと横たわっているように 
僕の中でまとわりつくように思うことが湧くのです。

あなた方は入信しなければ望んだ未来は迎えられないと言いたげだが
望んだものが来た 望んでいないものが来た それ全てがあって
現世は成り立っているのではないのか と

人が集まるのが宗教のあるべき姿であり 人を集めるのは
その本質から逸れているのではないか と

「信じるものは救われる」というお決まりのような文言も言い放つわけですが
この場では反論しませんでした 始めは二人組だったのに後から加勢があって
四人になってたんですから多勢に無勢です おじさん一人に四人の女性
アニメならハーレムなのでしょうけども はたから見ればカオスです。 

僕の脳内ではアニメ「このすば!」の2期のアクシズ教団の悍ましい勧誘劇を
炙り出す勢いで4人掛かりでまくし立てるわけですが・・

ここらあたりでは今日で言うところの「ソフィスト=嘯くもの」です。
僕のどこに興味があったんでしょうか?

せっかくの熱弁だったので僕も自身の情報をお渡ししました
しかし これを読んでいる皆さんに伝えます。

こういった方々に対して いや特に初対面でもあるので 
どういった情報網を構築しているか 実際にはどういう組織なのかも
こちらは分からないわけですから 己の事実 情報の一切を本来なら
渡してはなりません ただただ危険です。

アニメ「進撃の巨人」でのピクシス司令のセリフ

「上手い嘘のつき方を知っとるか? 時折、事実を混ぜてしゃべることじゃ」


お渡しした事実の一部は
「私の家の初代は江戸時時代の人だ」
「初代は別で奉られているので 今日は手を合わせてきた」
「先代は両親の結婚には反対の立場だった その証拠に結婚式のいくつかの
 写真 集合写真すらどこにも居ない 出席していないのだから当然だ」
「私は次男として生まれた その時点で次代を定められたはずだが 
 先代の意に反して女の子を望んだ父は失望して私への命名権を放棄した」


勧誘側が二人組〜四人組に至るところや全行程において 話の運び
捲し立ての加減を監査しつつお話を聞いていたわけですが ここ
2~3か月の活動経験ではないと判断したので「場当たり的な嘘は見抜く」
と思い ピクシス司令に倣って混ぜました
時間にしてこのやり取りは1時間程度でしょうか。

従ってここに書いてない 残り7割ばかりのエピソードは嘘です 
こんなところで謝っておきます ごめんなさいデス。

そういった組織 団体に入る必要にないくらいには 先代から そして
初代から名を連ねた方々から矜持を賜っている身なので。

こんな一幕があったので スーパーで買った弁当は 翌日
大阪の自室で朝ごはんとなりました・・・。

ところで。

こういった勧誘をなんとか傷付けずに躱す常套句って
何があるのだろうと考えたのですが これからは
「私はどこにも関与してはならない身なので」とでも言おうかな。



サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す