墓参りは4月に行く な話

記事
ライフスタイル
こんにちは フィベルです。
突如思い立って とある平日の夜から夜行バスに乗って 田舎へ赴き
墓参りを敢行しちゃう人です お盆に足を運べないようなので。

こういった時世なので 「県またぎ」は平日にのみ行うとしていまして
土日は控えているせいです。

以前のブログに書き込んだかもなのですが 僕は体質の問題で
コロナワクチンを一度も打っていません 受け付けない可能性が
あるようなので とは言ってもこれは僕個人の判断なのですが。


深夜に大阪から夜行バスで 朝に田舎のバスターミナル到着 そこから
電車に乗って1時間と20分くらいでしょうか お墓のある最寄の
駅までガタンゴトンと で 電車を降りたのは朝7時30分くらい
なのですが ここからさらに40分 山間へと向かって歩きます。

到着までの移動時間がざっと9時間くらい 夜行バスなので
バス内では寝られる という理由で墓参りに向かう際はずっと
夜行バスです 新幹線は停車の際に人の出入りがあって
わずかながらでも感染の可能性が上がるので避けます。

電車乗ってるじゃないかって? 始発なのでそこそこに
人が乗って来ないのですよこれが 1時間20分で
乗り込んで来られたのは20人くらいでしたけど 

そのくらい田舎です。

上にもありますように お盆には墓参り出来ないなぁ と
状況としてそうなっているのと もう一点 墓が山の中に
あるので

夏はとてもじゃないが単身で向かうのは危険です

40分の山間へ向かう過程くらいで と思われるかも知れませんが
蚊やらアブやらハチは飛びまくっているし いやハチはすでに
飛んでいましたけども 墓前まで来て何かアクシデントに遭遇した際
緊急車両なんか入り込めるところではないのでスマホは繫がっても
僕の命は繋がらない恐れがしこたまあるのです。

時期や日付け 日取りにこだわるのも申し分ないわけなのですが
まずは安全に迎える 向かえる日時を設定するのも大事です。

故人に想いを馳せる個人がその過程で事故やら疾病に陥ったら
元も子もないのです。
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す