「~という感じがする」の「という」って要るの?

記事
学び
日本語学習者から質問されて困ることの代表例として、それ自体に意味がない語の意味を聞かれることがあります。「という」もその一つです。(1)と(2)の例文を見比べてみてください。
(1)この景色を見ると、日本に来たという感じがします。
(2)この景色を見ると、日本に来た感じがします。

 外国人観光客が富士山を見て、あるいは桜並木を見て、はたまた渋谷のスクランブル交差点を見て、「ああ、日本に来たなあ」と実感したことを述べている文ですが、(1)は「感じがします」の前に「という」が介入しており、(2)は「という」がありません。何か意味の違いがあるのでしょうか。
 無料外国語学習アプリHiNative(自分の学びたい外国語や文化についてネイティブスピーカーに質問できるアプリ)に同様の質問があり、そこでは(2)のように「という」がない方が少しカジュアルだという回答が寄せられていました。しかし、「という」が入るとカジュアルでないと感じる人も「って」や「っていう」の形にすれば、フォーマルかカジュアルかという文体的な違いはなくなるでしょう。
 (3)この景色を見ると、日本に来たって感じがします。

 では、「って」「っていう」などのバリエーションも含めた「トイウ」の介入によって、どのような意味の違いが生じるのか、と質問されればどうでしょうか。意味の違いがないとすれば、なぜ「トイウ」を介入させるのか、「トイウ」はなくてもいいのか、と学習者は疑問に思うでしょう。
 今回は、「トイウ」が必ず介入する必要がある場合、逆に介入できない場合、そして、介入してもしなくてもどちらでもいい場合があることを解説します。そして、介入してもしなくてもいいけど、こんな場合には介入することが多いという説明を最後に加えます。

スライド2.JPG
この続きは購入すると読めるようになります。
残り:3,024文字 / 画像1枚
「~という感じがする」の「という」っ... 記事
学び
500円
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す