得意分野は薬に頼らない子育てと体質改善

記事
ライフスタイル
得意なのは、
「薬に頼らない子育て」と「薬を減らすことを目的とした体質改善」

手法は、中医学、西洋医学、心理学の3つの観点からのカウンセリングと経験からのアドバイス。



✅1)薬に頼らない子育てがなぜ必要か

▶︎災害時など医療が受けれない場合に、自分と家族を守る

阪神淡路大震災(1995年)、東日本大震災(2011年)
ある日突然起こる震災に、一番備えておきたいものはなんでしょうか?

自分や家族を守れる知識と経験ではないでしょうか?
知っていれば自分や家族を守れる情報は、インターネットで無料で得ることができます。

「難しそうだから、誰かに依存したい」
そう思っている間は、いつまで経っても不安から抜け出すことはできません。

知識と経験がないのは、剣を持たない勇者と同じ。

✅2)体質改善すると薬が減る

▶︎薬は症状を緩和するもので、治療ではありません

食事や生活習慣を変えると体質は、変化します。
体質が変われば、症状は変わります。
症状がなくなれば、薬は休薬することができます。

例)
10年間潰瘍性大腸炎の薬を飲み続けた55歳、男性、一人暮らし
↓ (2年間のカウンセリング 月1回15分)
3種類の胃腸薬を休薬

【方法】
①食事生活習慣を見直す
コンビニのパン→町のパン屋さん
ファーストフード→スーパーのお惣菜
マーガリンとショートニングは避ける
お酒は月に1回
タバコは吸わない

②医師のと同意をもらい1錠ずつ減らす




どのような最後の日を迎えたいのか。
薬を減らした人たちは、最後の日から逆算して、日々の実践を積み上げました。
努力曲線、成功曲線ともいわれますが、時間をかけて結果が出ます。


スクリーンショット 2022-03-22 12.45.20.png



✅3)継続の勝利は、志高い仲間をつくる

▶︎小さなコミニュティで、知識と経験を積み上げる

継続するには、仲間が必要です。
1人では、なかなか上手に理解できなくても、仲間がいると自然に理解できます。
気の合うコミニュティを見つけることが、近道です。

✅まとめ

✅1)薬に頼らない子育てがなぜ必要か
▶︎災害時など医療が受けれない場合に、自分と家族を守る
✅2)体質改善すると薬が減る
▶︎薬は症状を緩和するもので、治療ではありません
✅3)継続の勝利は、志高い仲間をつくる
▶︎小さなコミニュティで、知識と経験を積み上げる

最後までお読みいただきありがとうございます。
これからも「知っていれば家族を守れる医療情報」をお届けします。



サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す