キャリアコンサルタント試験対策④ 社会構成主義、ポジティブ心理学、家族療法、日本の理論家、スーパーの理論

記事
学び

1.社会構成主義

picture_pc_78342c78199200c76ebe476a6c44971e.jpeg

 1-1)社会構成主義の考え方~ナラティブ・セラピー、ガーゲン、アンダーソン~

カントやピアジェの提示した現実観を基礎にして、デュルケームによって発展された考え方。
1966年トーマス・ルックマン著「現実の社会構成主義」
1985年ケネス・ガーゲン論文「社会構成主義の理論と実践」「あなたへの社会構成主義」
カウンセリングでは、マイケル・ホワイトのナラティブセラピーが代表例。

<19世紀終盤~20世紀終盤>論理実証主義、科学経験主義が広まる。
経験は科学的に分析・検証可能であり、客観的に真理を打ち立てることができるという考え方。
<1990年代~>社会構成主義が発展
意味は会話の中で構成され、日常生活の些細なことまで全て、人が認識しているものは社会の相互作用により生成されていると考える。
変化が激しく多様化した時代において、社会構成主義は必要不可欠なものの見方であると言われ始めている。
「”正しいこと””道理””真実””正義”と思っていることが揺るがされ、覆されたら脅威に感じ、さらに強い確固とした絶対的なものを追い求めたくなる。
その発想を手放し、物事の捉え方に絶対的なものはなく、全て社会やそこに属する人々が構築しているのであり、全一の経験などない」
(ガーゲン1994)
「社会構成主義は、私たちが信頼して拠り所にしているものを否定されたような気にさせることがある。
何が現実なのか、何が安全なのか、それさえも分からなくなるが、しかし一方で客観性と選択の余地をもたらしてくれる。
性的役割・年齢・人種・学歴・宗教・経済に流れる考え方は、一部の人々の苦難だけでなく世界に不公正・対立・紛争などをもたらすことがあるが、社会構成主義の考え方により、それらから解放されることになる。」
(ガーゲン1994)
「私たちが身に付けている考え方を再検討する考え方を学ぶことは、今の時代を生き抜く最重要課題だ。」
(アンダーソン1990)
この続きは購入すると読めるようになります。
残り:10,254文字 / 画像8枚
キャリアコンサルタント試験対策④ 社... 記事
学び
500円
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す