生き残る為にコロナ禍における飲食店の経営をもう一度見直す

記事
ビジネス・マーケティング
帝国データバンクの調査によると、2020年上半期(1~6月)の飲食店事業者の倒産(負債1000万円以上)は398件となりました。上半期としては過去最多です。ここ数年は増加傾向にあった上に、コロナ禍による休業要請や時短営業が大きく響いています。帝国データバンクは「このままのペースだと(年単位でも)過去最多を更新する可能性がある」としています。

そこで改めて印飲食店の経営について見直しをしてみたいと思います。
仕事ががら飲食店のオーナーとお話しする機会が多いのですが、経営の基本を忘れている方が多いです。
コロナに影響されていなかった2020年1月までは、経営を意識しなくても何とか商売できていたかもしれませんが、このコロナ禍では慎重な経営計画をたてていかなければ生き残れません。
飲食店の経営の基本を改めて見直す材料にしていただければと思います。
この続きは購入すると読めるようになります。
残り:2,034文字
生き残る為にコロナ禍における飲食店の... 記事
ビジネス・マーケティング
1,000円
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す