完成した音楽で描くフォーオブアカインド

コンテンツ
音声・音楽
こんばんは。
フランのスペルカードの一つである禁忌「フォーオブアカインド」にちなんだもう一つの世界の「495年の涙」がついに完成しました。

それがこの「495年呼びかける声(きみ)」です。
東方紅魔郷の「U.N.オーエンは彼女なのか?」を題材にし、ラスサビをKey=G#mに変えて「495年間、フランを呼んでいるあなたは誰ですか?」というテーマの下、制作しました。

「495年後に見た景色」、「495年が生んだ悪夢」同様、ラスサビを転調させただけでそれ以外は「495年の涙」と同じです。
同じ事をして芸がないではないかと思われる方が多いかと思いますが、あえてそうしています。
この495年シリーズで伝えたいのは、あくまで

"そのキーでないと表現出来ない世界観がある"

これです。
その違いを明らかにするためにも、キーを変える以外の余計な事はしてはならないので、あえてこうしています。
しかも、今回のアレンジの後半のイラスト拝借に協力して下さった絵師様は、わざわざ過去作品を大幅にリメイクして僕に託して下さいました。
そうした熱い思いも込められているので、ただの東方自作アレンジではなくなっています。
こうした協力者が集って下さった事で僕の楽曲達は成り立っていますので、本当に感謝が尽きません。

そんなたくさんの思いが詰まったこのアレンジ曲を以下ポートフォリオに追加しておきましたので、興味がございましたらご視聴下さい。

https://coconala.com/mypage/user/portfolios

これでようやく一つのミッションをクリアする事が出来ました。
実は、この495年シリーズはこれで終わりではありません。
この二次創作フォーオブアカインドを制作する事を決めた際に、

"転調の勉強を兼ねて1オクターブ分の世界を作ろう"

という計画を考案しました。
現在進行形でその計画を実行しており、Twitterにも呼び掛けていますが、全くと言っていいほど反応はありません笑
ただ、これでフォーオブアカインドが完成した事で計画実行の追い風にはなったかなと信じたいです笑
こちらに関しては年内に実現出来ればというところでそんなに急いでやるつもりはありません(それよりもオリジナルの方を頑張らないと笑)。
もし面白そうだなと思って下さいましたら影ながら応援して下さい笑

最後に、YouTubeの説明欄にもポートフォリオにも記載しましたが、ここでも言っておきます。

制作したアレンジ曲は”東方Projectの二次創作”です。

終わり

(^ ^)ノシBye Bye
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す