インスタグラムのアルゴリズムを正しく把握して運用しよう!

記事
ビジネス・マーケティング
Instagramを運用するにあたって最も重要なのは
プラットフォームのアルゴリズムを把握して運用をすること
ミッション:
BRINGING YOU CLOSER TO THE PEOPLE AND THNGS YOU LOVE
   大切な人や大好きなことと、あなたを近づける

Instagramにはミッションを実現するための アルゴリズムが組まれている

Instagramアルゴリズムの例

1. エンゲージメントの高いアカウントのコンテンツが優先的にユーザー画面に表示される

ストーリーズ:エンゲージメントが高いほど、左側に表示
フィード:エンゲージメントが高いほど、上部に表示

2. 投稿にアクションを行なったユーザーと
興味関心が近い他のユーザーに、投稿が表示(レコメンド)される

①ユーザーが投稿にいいねや保存などのアクションを実施
②同じ投稿が興味関心の近いユーザーの画面に表示される


フォロワー数向上に向けた4つのステップ

1. フォロワーとの継続接触による露出の拡大
最初のステップとして、フォロワーとのエンゲージメントを向上し 自アカウントの投稿がしっかりと見られている状態をつくる

フォロワーとのエンゲージメントを高めるためには フォロワーの関心に沿ったコンテンツ発信と繋がりが重要

フォロワーとのRELATIONSHIP(繋がり度)を向上するためには コミュニケーションの「量」と「質」を意識した継続的な接触が必要

< point >
①コミュニケーションの量を担保
投稿やライブによって 接触回数・接触時間を確保

②コミュニケーションの質を担保
Instagramはアカウントとフォロワーの双方向的なやりとりを重視しているため、投稿やライブによって 双方向コミュニケーションを充実

2. 投稿へのアクション促進によるリーチ拡大
次のステップが投稿がフォロワー外に リーチ(露出)している状態をつくる

投稿の評価を高め、フォロワー外にリーチを拡大するためには 特に投稿に対する「保存」アクションを促すことが重要
「保存」を促すためには、ユーザーが後で見返したい (コレクション・ストックしたい)と思うような投稿が必要

例えば...
知識ノウハウ系の投稿:「タメになる・初めて知った」 を引き出す投稿
参考情報系の投稿:「参考にしたい」を引き出す投稿
体験系の投稿:「行ってみたい・やってみたい」を引き出す投稿

3. 投稿→プロフの導線改善によるプロフアクセス向上

3つ目のステップとして、投稿のフォロワー外リーチから 多くの人がプロフィール訪問している状態をつくる

投稿からプロフィールへの遷移を促すためには、 投稿内でアカウントに関する情報を訴求することが重要

①差込画像からの導線設置
投稿の最後に差込画像としてアカウント情報を訴求し、プロフ閲覧へ促す

②キャプションからの導線設置
投稿のキャプションにてアカウント情報を訴求し、プロフ閲覧へ促す

4. プロフィール改善によるフォロワー増加

最後のステップが、プロフィールアクセスから 多くの人がフォローしてくれる状態をつくる

訪問した人にフォローを促すためには、プロフィール画面を ひと目見て「どんなメリットがあるか」を感じてもらうことが重要
前提として、投稿内容とコンセプトが揃っていないとフォローに繋がりにくい

< point >
①プロフィール文章の充実
プロフィールに訪れたユーザーが ひと目見て「どんなアカウント」で 「何を発信するのか」が分かることが重要

②ハイライトの充実
ユーザーがひと目見て どんなジャンルやテーマを 扱っているかが分かることが重要

以上となります。
Instagramのアルゴリズムを正しく理解して、最適な運用でアカウントをバズらせましょう!

logo-app.png

サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す