誰とでも盛り上がる話し方

記事
学び
①『上手なコミュニケーションってどうすればいいの?』

②『年代が違う人と、何を話せばいいの?』


このような疑問に答えます。


①『上手なコミュニケーションってどうすればいいの?』


上手なコミュニケーションと聞くと、誰とでも話せる話術・引き出しの多さ・ワードセンスなど、『話す』という事に意識が強くなりませんか?

実は話そうとするんじゃなくて、相手の話を聞き出すことが大切なのです。

やっぱり話が上手い人=喋り上手だと思われがちですが、「話し上手は聞き上手」という言葉があるように、相手に気持ちよく話してもらう事が、上手なコミュニケーションとなります。

やっぱり自分が話して、それを聞いてくれると嬉しいですよね。

相手が好きな話題を話してもらう。

相手と距離を縮めるためには、非常に大切な事になります。


②『年代が違う人と、何を話せばいいの?』


年齢が離れていたり性別が違うと、話題は難しくなりますね。

私も話は苦手でしたが話すテクニックを知って、そこからコミュニケーションが格段に上手くなったし、初対面の相手でも、どんな相手でも怖くなくなった。

ぜひ、使ってほしい。


バック・トラッキング

バック・トラッキングは、オウム返し話法。

相手に話題を振ったら、バック・トラッキングで話を深堀りしていくのだ。

例題として極端な物をお見せします。

どんな話題でも対応できるよ、と参考までに。


「趣味ある?」
「こけし集めかな…」
こけし集めなんだ!たくさん持ってるの?」
「50体くらい」
50体も!?すごい!ハマったきっかけあるの?」
「呪いのこけしが欲しくて…」
呪いのこけし?なんで欲しいの?」

相手の言葉を引用して、質問を投げかけてみましょう。

興味を持って話を聞けば、質問はいくらでも出てきます。

それでも質問が難しい場合は、

『誰が・いつ・どこで・なぜ・何を・どうやって』

質問+5W1Hを使ってみましょう。

この話法を使えば、老若男女、どんな相手とでも気軽に話すことができます。

自分は一度話題を振って、後は相手から引き出すだけです。


ぜひ、脳内のイメージでもいいので練習してみてください。

コミュニケーションが格段に成長します。
サービス数40万件のスキルマーケット、あなたにぴったりのサービスを探す